隠れJTマーヴェラスファンページ

ビジネス

2018年8月 1日 (水)

3TB4発で6TBのRAID10を組んでいた「ST3000DM001」、また壊れる……

 昨年の11月末、シーゲイトの3TB HDD、「ST3000DM001」と「ST3000DM003」が相次いで死亡。orzというブログを書きました。

 これらの3TBハードディスクは、2015年6月29日、ロジテックダイレクトから再生品のシーゲイト製3TB 外付けハードディスクとして購入したもの。

 購入した2台をmacOSのディスクユーティリティで、RAID 構成にしてしばらく使っていました。

 その後、さらに同じ再生品を購入し、3TBの外付けハードディスクが4台になってしまいました。

 そうなると、ACアダプタも4個あるし、ACタップ周りもデスク周りも非常にとっ散らかってしまうわけですね。

 そこで2017年1月、この4台のハードディスクを1台にまとめるべくRAID 0/1/3/5/10対応の4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3を購入し、4台の外付けハードディスクを1台にまとめることに。

 このケースは非常に優秀で、

  • 安い!(15,000円ほど)
  • RAID 0/1/3/5/10に対応
  • USB 3.0だけでなく、eSATA接続もできる

と、コスパはたいへん優秀です。

 耐久性だけは、まだ未知数(2017年1月に購入後、電源入れっぱなしで、2018年8月現在、ケースには全く問題なく今に至ります。とりあえず、ケース本体は壊れていません。)ですけどね。

 で、再生品の外付けハードディスクから取り出した3TBのドライブ4台を、LHR-4BRHEU3に突っ込みまして、RAID 10構成の6TB倉庫(以下、「RAID10」と省略)として使っていたわけです。

 で、2017年の夏に、2番のドライブ「ST3000DM001(製造年月は2014年12月)」がお亡くなりになったわけですね。しかし、RAID 10ですから、特に問題なく動作しています。

 このST3000DM001というドライブは、非常によく壊れることで有名なドライブでして、2年動作したのは奇跡に近いかもしれません。

 ST3000DM001の脆さを知っているなら、この2番のディスクが壊れた時点で、即交換すべき(ミラーリングしている1番が壊れたらデータは復旧不可)なのですが、忙しかったのと金欠なのとで交換を先延ばしにしているうちに、昨年の11月になって4番のディスク(ST3000DM003。製造年月は2015年1月)も壊れたわけですよ。

 これは、さすがにやばくね? いや、1番じゃなかったのが不幸中の幸い、と言うわけで、3TBのベアドライブST3000DM008を2台調達して、交換。その後、順調に稼働しておりました。

 しかし、昨日、この「RAID10」が、昼休みに席を離れているときに、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)からアンマウントされた(接続はUSB3.0)んですね。この勝手にアンマウントされるというのは、中のHDDに障害が発生しているサインでもあります。前回もそうでした。

 で、昨日は、RAID10の電源をOFFにして、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につないだら、特に問題もなくつながりました。

 そして今朝。職場でお茶を入れに席を離れ、席に戻ったら、またRAID10がアンマウントされてます。で、4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3のパネルをよく見ると、ほんのりERRORがオレンジ色に。

 前回もそうだったんだけど、これ、LEDが暗すぎて、ぱっと見気づかないのね。で、フロントドアを開けて、中を確認したら3番ドライブのLEDが赤く点灯。

Img_5998

 ↑こんな感じで、どのドライブが壊れているか、LED点灯で教えてくれます。(ほこりだらけですみません。ハードディスク交換時に掃除します。)

 さて、困ったのは交換用HDDの選定。

 前回、「ST3000DM001」系統の、つまり7,200rpmST3000DM008を2台調達したわけですが、今年の春にシーゲイトの3TB HDDが2TBプラッタで省電力化。その結果、7200rpmの3TB HDDは入手難に!で書いたように、後継製品のST3000DM007は、2プラッタ構成の5,400rmpにモデルチェンジしています。

 RAID 10構成で、回転数の異なるハードディスクの組み合わせは御法度なはず。

 こんなことなら、先月NTT-X Store が、エンタープライズグレードの7200rpm 3.5インチHDD東芝 MG03ACA300 を格安販売していたときに、複数台調達しておけばよかった、と思っても後の祭り。

 仕方ないので、4TBのST4000DM004を2台調達しました。こちらは、回転数 5,400rpmの4TB HDDです。

 7,200rpmのST3000DM008と組み合わせるには、回転数も違えば、容量も違います。あんたはアホか、と言われそうですが、3TB & 4TBの組み合わせも実験してみたいわけですよ。

 3TB & 4TBがうまくいったら、3TBも4TBに入れ替えて、4TB & 4TBにすることで、勝手に容量アップするのかどうかとか、興味ありません?

 というわけで、興味本位でST4000DM004を2台調達しました。

 ただし、調達先は「NTT-X Store 」です。NTT-X StoreのST4000DM004 の方が、7,980円(クーポン割引後)とお買い得だったのよ。

 NTT-X StoreのST4000DM004 が届いたら、さっそく換装してレビューしたいと思います。

 メーカーこそ同じだけど、容量も違えば回転数も異なるST3000DM008ST4000DM004。果たしてうまくリビルドできるのでしょうか?

 これでうまくリビルドできたら、3TB & 4TBを4TB & 4TBに換装(そのために2台買いました)して再リビルド、その後、容量がどうなるのか確認したいと思います。

 これをお読みの皆さん。うまくいくと思います? RAID 1のNASならうまくいきそうな気がするんですけど、RAID10のUSBハードディスクケースはどうでしょうね。うまくいったら儲けものなんだけどな。

2018年7月14日 (土)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

 本日(2018.7.14 Sat)17時から24時間限定ですので、必要な方はお急ぎください。

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2018.7.14 (土)17時から、24時間限定特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは 7,717円で販売されているので、3,000円はかなりお値打ち。

 もちろん、最新のmacOS High Sierraにも対応!

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。明日(2018/7/15 Sun)の午後5時までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2018年7月12日 (木)

プロも満足できるAdobe Illustrator代替アプリ「Affinity Designer」にiPad版が登場!

 「Adobe Photoshop」の代替となるソフトは、高価なものから廉価なものまで、非常に幅広い選択肢があります。しかし、長い間、「Adobe Illustrator」の代替となるアプリは不在でした。

 でも、今は違います。MacやWindowsでは「Adobe Illustrator」の代替アプリとして、Affinity Designer - Serif Labsが、プロからハイアマチュアと言った幅広いユーザーに支持されています。

 日本語にも対応しつつありますし、日本のMac App Storeのカスタマー評価をご覧いただければ、このアプリがいかに満足度の高いものかお分かりいただけるかと。

 本家USAでの評価は、☆☆☆☆☆と素晴らしいです。「Adobe Illustrator」より直感的で、使いやすいという評価も。

 そんなプロ御用達ツールにiPad版Affinity Designer - Serif Labsが加わりました。通常価格 2,400円(この機能を考えれば、素晴らしく安い!)が、発売記念価格 1,700円(30% OFF)となっています。

【注意】下記動画、音が出ます!↓

 ↑の動画を見るだけで、iPad版Affinity Designer - Serif Labsが、いかに高機能か伺い知ることができます。

 iPadだけで、ここまでできるんだ!、という驚きの方が大きいですね。

Completevectortoolset040720181508lg

 Apple Pencilとも親和性は高そうですし、「液タブ(液晶ペンタブレット)」+「Mac」の組み合わせより、Apple Pencilの使えるiPadの方が、どこにでも持ち出せるし、安いし、操作性もよい、ってことになりかねない雰囲気。

 こんな高機能なアプリが、わずか1,700円で購入できる。凄い時代ですね。10年前なら、10万円位していたアプリ(もちろん、その頃ならMac用やWindows用アプリしかないわけですが)が、1,700円。

 この価格で、開発費とか回収できるのでしょうか?

 安いですし、1回飲みにいくのを我慢すれば買えますよ。 フォトショのデータも、イラレのデータも読み込めます。PDFも編集できます。

 今回、iPad版Affinity Designer - Serif Labsの発売を記念し、Mac版も30% OFFになっています。また、Photoshop代替アプリの「Affinity Photo」もお買い得価格になってますよ。

  1. Mac版Affinity Designer - Serif Labs・・・6,000円4,800円
  2. Mac版Affinity Photo - Serif Labs・・・6,000円4,800円
  3. iPad版Affinity Designer - Serif Labs・・・2,400円1,700円
  4. iPad版Affinity Photo - Serif Labs・・・2,400円1,700円

 また、「Adobe Illustrator」が高くて躊躇されていた方。あなたがやりたいことはAffinity Designer - Serif Labsでできるかもしれません。どうせ買うなら、安いうちにどうぞ。

 それでも高い!、とおっしゃるなら、そしてApple Pencilの使えるiPadをお持ちなら、iPad版Affinity Designer - Serif Labsで決まりでしょう。

 Mac版Affinity Designer - Serif LabsAffinity Photo - Serif Labsは、2015年のApple Design Award受賞アプリです。iPad版ともども、おすすめ!です。

2018年7月 6日 (金)

「カスペルスキー セキュリティ 3年5台版」が59% OFFの4,980円とお買い得!

 ベクターPCショップが、48時間限定でカスペルスキー セキュリティ 3年5台版を59% OFFの4,980円で販売しています。

 なお、この価格はメルマガ会員限定特価です。メルマガに記載のクーポンコードの入力が必要です。

 ちなみに私、メルマガ会員のはずですが、H30.7.6午後5時現在、まだクーポンコードの記載されたメルマガは届いていません。orz

 購入される方は、こちらのページの「詳細/購入」ボタンをクリックすれば、メルマガ登録の案内が表示され、メルマガ登録後すぐにクーポンが発行されます。

 amazonでも1万円近くするセキュリティ対策ソフトが、半額で購入できるわけで、お使いのウイルス対策ソフト等の期限が迫っている方は、この機会に購入するのも有りかもしれません。

 なお、この販売価格は、7/6(金)17時~7/8(日)17時迄の48時間限定! 必要な方は、お早めにどうぞ。

2018年6月28日 (木)

Wi-Fiセキュリティ新規格「WPA3」が登場!

 Wi-Fi Allianceが、Wi-Fi接続を保護するための新しい標準規格として、「WPA3」を正式に策定したと発表しています。

 「WPA3」は従来のWPA2に置き換わるもので、これによりハッカーからの攻撃に対する安全性はより高まるとのこと。

 なお、ソフトウェアアップデートにより既存のルーターに「WPA3」をインストールするかどうかは、各ベンダーの判断に委ねられるとのこと。

 消費者は既存製品の「WPA3」対応の有無で、ルーターを製造している各メーカーの良心やポリシーを推し量ることができそうです。

 AppleはすでにAirMacの開発から撤退しているそうなので、AirMacやTime Capsuleが「WPA3」対応にアップデートされる可能性は低そう…

 と書きましたが、これってルーター側だけでなくMacやPC、iPhoneやiPad側も対応してないと意味ないよね。ということは、Apple製Wi-Fi機器も(ついでに)アップデートされるのかもね。

 Wi-Fiルーターの買い換えを検討中の方は、しばらく様子見されるのもいいかもしれません。

 おいらが今後、自宅のWi-Fiを入れ替えるとしたら、各階の各部屋の隅々まで安定してインターネット接続できるWi-Fiメッシュネットワーク対応の機器にすると思います。

 Wi-Fiメッシュネットワーク対応製品は、まだ登場して日が浅いので、各ベンダーは「WPA3」に対応するでしょう。

 IoTとか、ネット家電が増えてくると、部屋の隅々までWi-Fiの届くWi-Fiメッシュは、今後必須というか主流になるでしょう。これからWi-Fi機器を購入されるなら、Wi-Fiメッシュネットワーク対応の機器がおすすめですよ。少々お高いですけどね。

2018年6月14日 (木)

Microsoft、ボリュームライセンス利用企業向けに「Office 2019 for Mac」のコマーシャルプレビュー版をリリース!

 Microsoftのボリュームライセンスを購入している企業向けですから、一般ユーザーには関係のない話ですが…

 Microsoftが、ボリュームライセンス購入企業向けにOffice 2019 for Macのコマーシャルプレビュー版をリリースしています。

 Mac版とWindows版は、コードベースで統一されており、Office 365で新たに追加されたけれども、Office 2016 for Macでは未実装だった機能も追加されています。

【新機能の一部】

  • 自由に配置できるペンシルケース、リボンのカスタマイズ(Officeアプリケーション共通)
  • フォーカスモード(Word)
  • 変形トランジション、インクリックシーケンス、4K動画の書き出し(PowerPoint)
  • 新しい図表と関数(Excel)
  • 優先受信トレイ(Outlook)

 なお、Windows版と同様の制限ですが、Office 2016 for Mac「Office 2019 for Mac」は、共存できません。

 正式リリースは、 Windows版と同じ2018年後半。

 Office 2016 for Macは、Macユーザーからの評判があまり良くない(私は、いまだに「Office 2011 for Mac」のまま)ですが、Office 2019 for Macは落ちることなくサクサク動作してくれればいいですね。

 私の場合、職場のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)には、Windows 10(仮想環境はVMware)をインストールしてあり、その中に「Office 2013」も入っているので、Office 2016 for Mac購入には至ってません。

 と書きながら、仕事でOfficeが必要なときは、Windows版の「Office 2013」より、「Office 2011 for Mac」を選ぶ方が多いです。いまだに「リボン」に馴染めてないのかも。

2018年6月13日 (水)

おっさんホイホイ。天然ゴム配合生地の「SEED 天然ゴム字消し スーパーゴールド」が懐かしい!

 おっさんといいますか、片足を爺ィ方面に突っ込んでおられる方には、懐かしんでいただけるんじゃないでしょうか?

 それが、シード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01

 「消しゴム」と言いますから、昔はゴムだったのですよ、ゴム。片側に砂消し(インク消しとも言いますが、万年筆やボールペンを消すためのもの)の付いた細長いタイプもありましたよね。

 シード(SEED)と言うのは、大阪に本社のある「消しゴム」を中心に製造する文具メーカー。

 それまで、ゴム生地だった消しゴムをプラスチック消しゴム主流に変えたメーカーです。関西では、Raderという青い紙スリーブに入ったプラスチック消しゴムで有名です。と言うか、おいらが学生だった頃、消しゴム=Raderでした。

 もっとも、関西以外の地域では、消しゴムといえば、三菱鉛筆のUniとか、トンボ鉛筆のMONOだったと思いますが、関西ではシード(SEED)

 ゴム生地の消しゴムに比べ、新しく登場したプラスチック消しゴムは柔らかく、ゴシゴシ消してもノートの紙をいためにくい上に、よく消えると言う画期的な消しゴム。

 センター試験でも消しゴムは「プラスチック消しゴム」が指定されていたと思いますが、こんな時代にノスタルジー溢れるゴム生地の消しゴムシード 高品質消しゴム スーパーゴールド ER-M01が販売されているわけです。

 消すと漂うゴムの匂い。究極のおっさんホイホイです。373円と、当時数十円だった消しゴムの10倍以上の値段ですが、ポチってしまいそうです。

 シード(SEED)Raderといえば、130×66×27mm、重さは300gオーバーという巨大なレーダー S-1000も販売されています。

 レーダー S-1000は、子供が小学校に上がるときに買い与えれば、もう一生消しゴムを買うことはないだろうという大きさです。

 もっとも、子供というのは、授業中にカッターで消しゴムを削って、ウルトラマンやら怪獣やらクルマやらにしてしまうものなので、意外と消耗するんですけどね。

 デスクの上に、石鹸サイズの消しゴムが鎮座しているのも、なかなかいいものですよ。どんなに大きな消しゴムでも、どんなによく消える消しゴムでも、過去は消せないけどね。というわけで、おっさんはおっさんなりに今後も精進しなければならないわけです。

 過去は消せないし変えられないけど、未来は変えられるからね。おっさんには消したくても消せない長い過去と短い未来しか残ってないけど、若者には短い過去とこれから訪れる超長い未来がある。だからノスタルジーに浸ってるおっさんなんか蹴っ飛ばして、自分のより良い未来のために頑張れ!、若者。

Qi ワイヤレス充電機能を搭載した10000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081」が便利そう!

 RAVPowerが、Qi ワイヤレス充電機能を搭載した大容量10,000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081の販売を開始しています。

 RP-PB081は、

  1. 大容量10,000mAhのモバイルバッテリーでありながら、
  2. 5W Qi規格に対応しiPhone X / 8/ 8 Plusをワイヤレス充電可能
  3. ワイヤレス充電中、USB-Aポートから有線で他の機器への充電も可能
  4. 5V 2.4A AC充電器を使用すれば、RP-PB081本体を5.5時間で満充電可能
  5. 18ヶ月保証

が特徴のモバイルバッテリー。

 特筆すべきは、2. のQi対応のところ。

 つまり、iPhone X / 8/ 8 Plusユーザーは、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを、USB-ライトニングケーブルで接続しなくても、重ねておくだけで充電できるわけですよ。

 これ、机の上でももちろん便利ですが、鞄やバッグの中で充電するときも、すごく便利な気がしません? ヘアバンドとかサポーターとかで、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを重ねておけば、カバンの中で自然にワイヤレス充電できるわけですよ。

 RP-PB081の販売開始記念価格は3,999円ですけど、2018年6月17日(日)23:59までの期間限定で、会計時にクーポンコード「RPPB081D」を入力することで400円OFFで購入できるそうです。

 MacBook (Retina, 12-inch)も充電可能なUSB PD対応のUSB Type-Cポートを装備し、さらにUSBハブ機能搭載のモバイルバッテリーRP-PB059など、魅力的な製品を提供してくれるRAVPower

 RP-PB059は、おいらも愛用していますが、おいらの中ではRAVPowerは、Anker並みに信頼できるメーカーになっています。今のところはね。

 また、本日の特選タイムセールで、災害時に役に立つ100V出力を備えたRAVPowerのポータブル電源 2製品も8,096円からと、非常にお買い得価格になっています。興味のある方は、こちらをご覧ください。

2018年6月 6日 (水)

USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)などを30wで高速充電可能なUSB充電器「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」がお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)などを30wで高速充電可能なUSB充電器Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery3,297円で販売しています。

 私も愛用していますが、私の購入した初期モデルは、20V/1.5A出力時に、20V/2.25A供給していると誤った信号を出すモデルだったのですが、現在のモデルでは改修されており、正しく20V/1.5A出力の信号を出すようになっています。

 Anker PowerPort+ 5 USB-C Power DeliveryのUSB PDは、もともと最大30W出力にもかからず、繋がれた機器に45W出力と伝えていたわけですね。

 私は、29WのACアダプターで充電できる「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」を使用していますから、Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryの最大30W出力であれば、最短時間で充電完了となります。

 なお、85WのACアダプターが付属する「MacBook Pro (Retina, 15-inch」でも普通に使えているというカスタマーレビューがありますので、現行のUSB PD充電可能なノート型Macは12インチモデルから15インチモデルまで、すべて充電OKな可能性が高いですね。

 Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryには、最大30W出力のUSB PD対応USB Type-Cポートのほか、合計30W出力可能なUSB Type-Aポートが4個ついています。

 なお、Type-AポートはPowerIQ搭載で、1ポートあたり最大で2.4A出力。

 つまり、MacBook (Retina, 12-inch)を充電しつつ、iPhoneやiPadも充電可能なわけ。Appleユーザーなら充電器は、もうこれ1個でいいでしょ!って感じですね。

 購入予定だった方は、少しでも安くなっているこの機会にどうぞ。

2018年5月25日 (金)

MacBook Pro (Retina, 13-inch)を45wで充電可能なUSB PD対応モバイルバッテリーが登場!

 安心品質のモバイルバッテリーを提供するcheeroが、

  • USB Power Delivery 45Wまで対応
  • USB PD非対応機器へも最大3Aの高出力で急速充電が可能
  • 大容量20,100mAh
  • PD対応ACアダプタ(30W以上)を使用すれば、わずか3時間で本体充電が完了
  • データ転送可能なUSB Type-C to Type-C ケーブルを標準添付

したモバイルバッテリーcheero Power Deluxe 20100mAhの販売を開始しています。

 お値段5,480円のところ、販売開始記念価格 4,480円で購入可能。USB-Cケーブルが標準添付されていることを考えると、なかなかお買い得です。

 USB PDに対応し、USB Type-Cポートから30W前後の出力でMacBook (Retina, 12-inch)を充電可能なモバイルバッテリーは、以前ご紹介したRAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリー等ありましたが、45W出力となるとMacBook Pro (Retina, 13-inch)の充電も安心して行えます。

 大容量モバイルバッテリーは、そのバッテリー本体の充電時間が長時間になるというのも問題でしたが、PD対応ACアダプタ(30W以上)を使用すれば、わずか3時間で本体充電が完了するというのも、評価高いです。

 だって、MacBook (Retina, 12-inch)ユーザーやMacBook Pro (Retina, 13-inch)ユーザーは、PD対応ACアダプタ(30W以上)をもともと持ってるわけですからね。

 こいつのライバルは、USB-Cポートを備え、USB PDに対応したモバイルバッテリーになるでしょうけど、一番のライバルは、私も愛用中のRAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリーでしょう。

 RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリーは、2ポートあるUSB Type-AポートはUSBハブとしても機能する多機能モバイルバッテリーなので、他のモバイルバッテリーとは一線を画します(レビューはこちら)。

 USBハブ機能が必要なければ、cheero Power Deluxe 20100mAhでしょうか。

 でも、モバイルバッテリーでMacBook (Retina, 12-inch)を充電中に、USBメモリやらmicroSDやSDHC、さらには外付けHDDやSSDを使いたいときってありますよね?

 RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリーなら、可能なんですよね。この機能、他のモバイルバッテリーでも実現して欲しいところです。

 USBハブ機能が必要なければ、販売開始記念特価 4,480円のcheero Power Deluxe 20100mAhは、なかなか良さげですよ。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ