隠れJTマーヴェラスファンページ

iPhone・iPod・iPad

2020年10月14日 (水)

ポルシェ・ケイマン(987c)、安い診断機(ダイアグテスター・OBD2スキャナー)を買ってみたら意外と使える!

 ここ最近の車歴ですが、1998年式のメルセデスベンツC240から、2002年式のC180、そして2007年式のポルシェ・ケイマンと順調に新しい?クルマに乗り換えつつある私です。新しいと言っても、13年も昔のクラシックカーですけれども。

 ところがクラシックカーといえども、この頃のクルマから急速に電子化されまして、私のケイマンにもいくつかのコンピュータが搭載されています。そうなると、クルマが故障してもパーツを取り替えるだけではダメ。車載コンピュータが記録しているエラーコードを消してあげないと、ちゃんと動作しないわけですね。

 さらに困った問題はオイル交換。ヨーロッパ車の場合は環境優先で、例えばベンツのオイル交換時期は1年または1万5千km走行のいずれか短い方。クラシックなポルシェなら、走行距離が少なくても1年に一度は変えろ、と言うことになっています。で、時期が来るとインパネに「Service in 7 days」とか、時期が過ぎると「Service Now」と表示されます。

 で、オイル交換するわけですが、オイル交換してもインパネに表示された「Service Now」が消えるわけじゃないんですね。ケイマンを診断機につないで、リセットする必要があるんです。というわけで、今後、必要になるだろうということで、安い診断機を買いました。ダイアグテスターとかOBDII スキャナーと呼ばれるものです。

 ポルシェディーラー(ポルシェセンター。通称ポルセンもしくはPC)には、100万円ほどするポルシェ専用テスター「Piwis-II」や後継機の「Piwis-III」が設置されているわけですが、自分のケイマンの故障箇所、不具合箇所を調べたり、DTC(Diagnostic Trouble Codes)を消去したり、オイルリセットしたりするくらいであれば、数千円のダイアグテスターで間に合います。

 というわけで、私が購入したのがこちら。

Img_8638

 こちら、町の自動車整備工場でも使われているAutelの診断機の中でも最廉価製品のAutel AP200。ただいまプライムセール期間なので、お値段 6,200円です。

 何故こんなに安いかと言いますと、こいつは自動車のOBD IIポートに差し込むBluetoothアダプタで、データを受信し、エラーコードを読んだり、削除したりと言った操作は、iPhoneやiPad、Androidスマホで行うのです。私は、Autel AP200iPad mini」の組み合わせで使用していますが、何の問題もなくケイマンの故障診断に使えています。iPhoneでなく、iPad miniなのは、少しでも画面が大きい方が老眼にはありがたいからです。

 iPhoneやiPadで使用するAppはMaxiAP-AP200で、App Storeから無料でダウンロードできます。Autel AP200のシリアル番号とメールアドレス、パスワードを登録すれば、最初に自動車メーカー1社のデータをダウンロードでき、その1社については生涯無償アップデートされます。私の場合は、ケイマンですから、ポルシェを選択。2台持ちでほかにもベンツがある、なんて場合は、2,700円/年で車両メーカーを追加購入可能です。ただ、最初の1社は生涯無料アップデートですが、2社目からは年間2,700円。となると、友達とAutel AP200をそれぞれ1台ずつ購入し、自分はポルシェ、友達はメルセデス、別の友達はBMWなどと言うようにして融通した方が良いかもしれません。

 実際の診断結果はこんな感じです。

Before1

 

Before2

 DTCが記録されているからと言って、必ずしもそこが壊れているというわけではなく、振動等で何かの拍子に記録されたフォルトコードもあります。なので、問題がなさそうならそのコードを消去します。消去後がこちらですが、

P1

 

P2

消えていないフォルトコードがありますね。C141とC131、C144です。C141については、「Communication PCM (display)」と記載がありますが、当時の日本仕様のケイマン及びボクスターにはPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメントシステム。簡単に言えばネット接続のカーナビ。)が搭載されていませんから、このエラーコードは無視しても大丈夫です。

 C131については、USAのフォーラム等でも放っておいても大丈夫という意見ばかりのようなので、とりあえず様子見。C144はよく分かりませんが、これもC141同様じゃないのかな? とりあえず、今のところ機嫌良く走ってくれているのでこのまま様子を見ます。

 そうそう、車検受渡しで購入したこのケイマンですが、引取時にインパネに「セイビノジキデス」と表示されていました。販売店によると、これはポルシェ・センターじゃないと消せないとのことでしたが、こちらもAutel AP200を使って、サービスリセット(納車時に点検整備、当然油脂類も交換されている)することで、インパネの表示を消すことができました。巷ではポルシェ・センターでないと「整備の時期です」表示は消せないと言われていますが、数千円のMaxiAP-AP200で、問題なく対処できましたのでご報告。

 現状、Autel AP200iPad mini」の組み合わせで大満足なのですが、これだけ便利なものならケイマンに積みっぱなしにしておきたいと言うことで、iPad不要の専用機Autel DiagLink (MD805)も買ってしまいました。こちらも本日は、9,599円と格安だったので。最初の車両メーカー1社が生涯無料なのは、Autel AP200と同様です。もちろん、こいつもおいらの場合はポルシェ専用テスターにするつもりですけどね。届きましたら、こちらもレビューする予定です。

2020年10月 8日 (木)

MacBook Proを充電可能な最大87w出力のモバイルバッテリー「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」販売開始!

 Ankerが、MacBook Pro 16インチモデルも充電可能な最大87w出力のモバイルバッテリーAnker PowerCore III Elite 25600 87Wの販売を開始しています。

 Anker PowerCore III Elite 25600 87Wは、航空機持ち込み可能な最大容量27,000mAh(100Wh)を満たしたバッテリー容量25,6000mAhのモバイルバッテリー。最大87w出力のUSB PD対応モバイルバッテリーなので、MacBook Pro 16インチモデルにも給電できます。13インチモデルなら、1回以上満充電可能。

 USB-Cポートが2個、USB-Aポートも2個。同時に4台のモバイル機器に給電できます。お値段、10,490円とお高いですが、amazonでは10%のポイントが付きますし、同等他社製品はさらに高価(15,000円以上する)ですし、18ヶ月保証ですし、大容量モバイルバッテリーはこれで決まりでしょうか。

 なお、Anker PowerCore III Elite 25600 87Wを満充電にするためには、60wのUSB-C充電器で約2時間かかるとのことです。

 MacBookシリーズがUSB-Cポート(Thunderbolt 3ポート)だけになって不便になったと言う方も多いですが、そのおかげでモバイルバッテリーで充電可能になったわけで、そのスピード(Thunderbolt 3なら40Gbps)と合わせ、私は不便より利便性が増したと考えています。最近のMacBook系ノートPCをお使いなら、Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの購入を考えても良いのではないでしょうか。

2020年7月 3日 (金)

AC100V対応の30,000mAhのモバイルバッテリーが100個限定で 3,800円OFF!とお買い得

 個人的には、Ankerより信用しているRAVPower製のモバイルバッテリー。そのRAVPower が、

  • AC 100V 出力対応
  • USB PD 60w 出力対応
  • 超大容量 30,000mAh
  • 大容量ながら3時間で満充電可能
  • ユーザー登録することで保証は30ヶ月

な、モバイルバッテリーRP-PB055JPの販売を開始しています。

Ravpower100w

 定価は15,999円と流石に高額。ただし、↑の画像の赤丸にあるチェックボックスにチェックを入れることにより 800円OFF!になります。

 さらに当ブログをご覧の方は、会計時にクーポンコード「RPPB055EDM」を入力することで、最初の100個に限り 3,000円OFF! 合計 3,800円OFFの12,199円で購入できますよ。

 モバイルバッテリーRP-PB055JPの売りは、何と言ってもAC 100vに対応し、扇風機なら6時間、電気スタンドなら10時間給電できるところ。地震や台風といった災害の多い我が国日本では、非常用のポータブル電源としても利用可能です。

 その分、重量 1kgとかなり重いですけどね。この重さだと、流石に出張時に持っていく、というわけにはいかないでしょう。30,000mAhだと飛行機に乗れないしね。

 保証は30ヶ月と長期ですし、非常用電源として買っておこうかな? 上記のクーポンコードは、100個限定ですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2020年5月27日 (水)

ワイヤレス・ノイズキャンセルヘッドホンの決定版かも。SONYが「WH-CH710N」を15,400円で販売開始!

 iPhoneからヘッドホン端子(ステレオミニ端子)がなくなって、久しいです。私も長く愛用していた初代 iPhone SEからiPhone 11にリプレースしまして、音楽を聴くときは、ワイヤレスヘッドホンのB&O 「Beoplay H4」を愛用しています。

 Beoplay H4は音質もデザインも、さらには付け心地も非常に良いのですが、ノイズキャンセルには対応していません。それだけが唯一残念な点。Beoplay H4が壊れたら、あるいはバッテリーの寿命が尽きたら、次に買うのはノイズキャンセル対応のワイヤレスヘッドホンに決めています。

 で、Beoplay H4は全然壊れなくて、まだまだバッテリーも含め元気なのですが、非常に気になるノイズキャンセル対応のワイヤレスヘッドホンが、6月5日に登場します。

 それが、SONYのWH-CH710N

 SONYのワイヤレス・ノイズキャンセリングヘッドホンと言えば、名器WH-1000XM3があります。こちらは、ハイレゾ音源対応の高級モデルだけあって、お値段 37,000円と簡単に購入できる価格ではありません。

 しかし、WH-CH710Nは、一部ではフラッグシップモデルをしのぐ性能を有しながら、お値段 14,000円(税抜き)と非常にお買い得なモデルとなっています。

 ちなみに、WH-CH710Nは、海外ではすでに販売されておりまして、amazon.comでは $199.99のプライスタグが付いています。日本円に直すと21,600円ほどでしょうか。海外価格と比較すれば、国内価格の税込み 15,400円はバーゲンプライスと言っても良いかもしれません。

  • バッテリー持続時間 : 35時間
  • バッテリー充電時間 : 10分間の充電で60分再生可能
  • デュアルノイズキャンセリング機能搭載
  • アンビエントサウンド(外音取り込み)モードに切り替え可能
  • カラバリは、ブラック・ホワイト・ブルーの3色展開
  • Bluetooth 5.0対応
  • AACコーデック対応でiPhoneやiPad、Macに最適
  • ワイヤレスだけでなく有線接続も可能
  • マイク内蔵なので、iPhone、Mac、PCでのハンズフリー通話が可能
  • 周波数特性 : 20Hz-20,000Hz

と、普通のiPhoneユーザー、音楽好きには、十分なスペックを備えたノイズキャンセリングヘッドホンに仕上がっています。でもって、15,400円というお買い得プライス。もう、ヘッドホンはこれで十分かもね。

 先に書いたとおり、6月5日販売開始ですが、すでに予約は始まってますよ。10万円の臨時収入で、これを買っちゃうのもいいかもしれませんね。

2020年5月22日 (金)

MacBook Proの充電も可能なUSB PD 90w出力の急速充電器が4,329円とお買い得!

 MacBook Proも充電可能なUSB PD 90w出力を実現した急速充電器RAVPower RP-PC128。お値段、5,399円なのですが、「5% OFFクーポン」にチェックを入れることで、270円引きに。会計時にクーポンコード「PC128WEDM」を入力することで、さらに800円引き

 トータルで、1,070円も安く購入できます。ただし、クーポンコードは3日間限定です。

 ↓まず、5%オフにチェックを入れましょう!

20200522145332

 ↓会計時に、クーポンコード「PC128WEDM」 を入れることで、1,070円安くなって、4,329円で購入可能です。

20200522145036

 RAVPower RP-PC128は、USB Cポートを2ポート備えた、急速充電器。トータルで90w出力ですから、45w給電のMacBook Airを同時に2台充電したり、87w出力が必要なMacBook Pro 15インチモデルを1台充電することが可能です。

 90wの高出力ながら、GaN(窒化ガリウム)を使用することで、Apple純正87w ACアダプターに比べ、大きさが約半分に、質量は34%軽くなっています。

 保証期間は18ヶ月ですが、ユーザー登録することで12ヶ月延長され、トータル30ヶ月の保証期間となります。持ち運び用のACアダプターとしては、とても使い勝手が良さそうですよ。

 レティナディスプレイじゃない古いMacBook系は、MagsafeやMagsafe 2コネクタで充電するわけですが、

を利用することで、13インチMacBook ProやAirなら充電することが可能になります。上記ケーブルを使用すると、MacBookでは60wのACアダプターにつながっていると判断するようなので、使用は13インチMacBook Proまでにしておいた方が無難と思います。

 このケーブルについては、こちらでレビューしていますので、気になる方はご覧ください。。社外品のケーブルですから、利用される場合は自己責任で。

 なお、クーポンコードは24日までの限定ですから、購入予定の方はお早めにどうぞ。

2020年4月11日 (土)

【明日の日曜まで!】同居の家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が大特価 3千円!

 究極特価復活! 新型コロナウイルス(武漢肺炎)には効きませんが、コンピューターウイルスには効果的なマカフィー リブセーフ 3年版がお買い得です。

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、明日 2020.4.12 (日)までの期間限定で、究極特価 3,000円で販売しています。

 かつては、Windowsに比べ、Macはウイルス対策については気にしなくてもいい、なんて言われていましたが、今やMacはWindowsの2倍、危険なんだとか。それもこれも、iPhoneやiPadを通じてMacユーザーが増えたからなのでしょう。

 もっともMacの場合、マルウェアは比較的少なく、アドウェアやPUPが多いとのこと。PUPって何?、って方は、マカフィー リブセーフ 3年版開発元の、こちらの記事をご覧ください。

 というわけで、今やMacでもセキュリティ確保は必須です。

 マカフィーは、amazonでは5台3年版が 11,238円(ダウンロード版)で販売されています。つまり、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Catalina 10.15にも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応しています。

 マカフィー リブセーフ 3年版  は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版  は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2020.4.12 (日)までの期間限定ですから、必要な方はお早めにどうぞ。

 そろそろウイルス対策ソフトの使用期限が切れそうな方。期限延長するよりも、マカフィー リブセーフ 3年版  を購入する方が、安上がりですよ。もちろん、「マカフィー リブセーフ」をすでにお使いの従来ユーザーの方は、「有効期限延長」にもお使いいただけます

 ウイルス対策、セキュリティ対策していないって方は、この機会に是非!

2020年3月16日 (月)

iOSアプリの「Minimoog Model D Synthesizer (ソフトシンセ)」と「KORG iKaossilator (カオシレーター)」が無償配布中!

 Wuhan Virusによりコンサートやイベント、ライブ等が自粛を要請され、全世界的に経済縮小が起こっています。株価も暴落していますが、実体経済の数字は、今後数ヶ月悪くなり続けるでしょうし、株はもっと下がるでしょう。逆に言うと、買い時?

 この閉塞感を吹き飛ばすべく、AVEXやLDHほかいくつかのレーベルや芸能プロダクションは、Youtube等で所属アーティストのライブコンテンツを期間限定で無償配信しています。私も週末に視聴しましたが、素晴らしいコンテンツがいくつもありました。AVEXやLDHは、私には遠い存在で、今までライブ会場に足を運んだことはなかったのですけど、武漢ウイルス騒動が収まったら、無料視聴のお返しも兼ねていくつか観に行きたいと考えています。チケットが取れるのか?、という問題はあるわけですが。

 レーベルや芸能プロダクションだけでなく、楽器メーカーや機材メーカーも素晴らしいアプリを無償配布しています。

 その一つが、iOS版のソフトウェアシンセサイザーMinimoog Model D Synthesizer - Moog Music Inc.。通常価格は、2000円近くするAppなのですが、今だけ無償です。

Img_8312

 ↑は、iPhoneでの画面ですが、もちろん、iPadでも動作しますよ。EWIの音源としても使えそう。特に、EWI USBユーザーにはいいかも。

 さらに日本のKORGもKORG iKaossilator - KORG INC.を無償配布中です。

Img_8308

 

Img_8311

 私、本物のKORG KAOSSILATOR PRO+を持っているんですが、ポチッとな。

 KORG iKaossilator - KORG INC.は、KORG KAOSSILATOR PRO+のソフトウェア版ではなく、簡易版のKORG kaossilator 2Sのソフトウェアバージョンですが、十分楽しめそうです。

 通勤時の電車の中でちょこちょこっとリズムを打ち込みたい、メロディをスケッチしたい、なんて場合にも、iPhoneもしくはiPadにインストールしておけば、便利に使えそうですよ。

 以上、興味のある方はこの機会にダウンロードしてみてください。

2020年2月10日 (月)

13インチMacBook Proを2時間で満充電にできるUSB PD 60w出力の20,000mAhモバイルバッテリーが超お買い得!

 13インチMacBook Proを2時間で満充電にできるUSB PD 60w出力20,000mAhモバイルバッテリーが超お買い得です。

 RAVPowerが、

  • 容量 20,000mAh
  • USB PD 60w対応
  • 最大18w出力のUSB A 1ポート
  • 最大60w出力のUSB C 1ポート
  • もちろんPSE認証済み

が特徴のモバイルバッテリーRP-PB201の販売を開始しています。価格は、7,599円ですが、先着50名に限り、クーポンコード入力で25% OFFの5,699円で購入できますよ。

 製品保証は18ヶ月ですが、ユーザー登録すれば、さらに12ヶ月延長され、30ヶ月保証になります。

 60wの出力があれば、スマホだけでなく、MacBook Pro 13インチモデルも余裕で充電できますね。USB Cポート搭載のMacBook Pro 13インチモデルを1時間で60%まで充電。2時間で満充電可能とのこと。

 また、モバイルバッテリーRP-PB201 本体は、USB PD 30w対応のアダプタにより、20,000mAhという大容量ながら3時間で満充電可能です。大容量モバイルバッテリーは、充電時間も長いというのがネックでしたが、3時間で満充電にできるのであれば、これは買いでしょう。

 そうそう、書き忘れるところでしたが、クーポンコードはRPPB201EDMです。ただし、先着 50名限りですからね。必要な方はお早めにどうぞ。

2020年1月22日 (水)

世界最小最軽量クラスの61w USB-C急速充電器 RAVPower「RP-PC112」がクーポンで1,100円OFFの3,499円とお買い得!

 GaN (窒化ガリウム)の採用で、世界最小最軽量クラスを実現した61w USB-C急速充電器 RAVPowerRP-PC112。本日、クーポンコードを入力することで、1,100円OFFの3,499円で購入できますよ。

 RAVPowerRP-PC112は、Apple純正の61w 電源アダプタに比べ、50%小さく、重さは105gと軽量。およそ、ミカン1個分ですね。

Rppc112

 amazonでの価格は、↑のように4,599円なのですが、クーポンと書かれた横の□にチェックを入れると、600円OFFで購入可能です。さらに、会計時にクーポンコード「EDMPC225」と入力することで、さらに500円OFF。合計 1,100円OFFとなり、3,499円で購入できます。

Rppc112_2

 RP-PC112は、USB PD 61wのUSB-Cポート1個のみの急速充電器ですが、さらにUSB-A端子も1個装備したRP-PC105という商品もありまして、こちらも会計時にクーポンコード「01EDM105」を入力することで、500円OFFで購入可能です。ただし、こちらはGaN (窒化ガリウム)採用モデルではありません。

 また、モバイルバッテリーをお探しなら、USB PD 29w 10,000mAhのモバイルバッテリーRP-PB186が、商品ページのクーポンコード横の□にチェックを入れることで300円OFF。会計時にクーポンコード「01EDM186」を入力することでさらに500円OFF。合計 800円OFFの3,499円で購入可能です。

 以上、本日のお買い得情報でした。

2020年1月 7日 (火)

Mac App Storeで高評価 4.2のファイナンスアプリ「MoneyWiz 3」が$19.99とお買い得!

 あけましておめでとうございます。

 昨年もアベノミクスで好景気と言われていましたが、本当なんでしょうか? 今年は東京オリンピックもありますし、それまでは好景気が続くのかも?、という気もしますが、米中貿易摩擦や中東情勢やらで、一気に景気が冷え込む可能性もありそうです。

 また、年金だけでは足りない、老後資産は最低 2千万円必要と言う話も出まして、杉下右京ばりに「はい?」ってなった人も多いかと。

 いずれにせよお金は大事。できるだけ無駄遣いしないようにしたいものです。今年こそしっかり家計管理をするぞ!、貯蓄するぞ!、って方にはオススメのアプリMoneyWiz 3 Standardが、期間限定で $19.99とお買い得です。

 Mac版だけでなく、Windows版もあります。しかも、両方買う必要はありません! なんと、この1本のライセンスで5台までのMacやPC、iPhone、スマホ等にインストールし、データを同期して使うことができます。MoneyWiz 3 Standardの販売ページに、

Important Details

  • Length of access: unlimited
  • This plan is only available to new users
  • Redemption deadline: redeem your code within 30 days of purchase
  • Max number of devices: 5
  • Access options: desktop
  • Software version: 3
  • License is for Standard Version that includes multi-device sync but excludes online banking access

と記載されています。日本語にすると、

重要な詳細

  • アクセスの長さ:無制限
  • このプランは新しいユーザーのみが利用できます
  • 引き換え期限:購入後30日以内にコードを引き換える
  • デバイスの最大数:5
  • アクセスオプション:デスクトップ
  • ソフトウェアバージョン:3
  • ライセンスは、マルチデバイス同期を含むが、オンラインバンキングアクセスを除く標準バージョン用です

という感じでしょうか。MacやPC、iPhoneやスマホ等、5台のデバイスで利用可能です。

 ちなみにMac App Storeでは、5段階評価の4.2と高評価です。Mac App Storeでは、MoneyWiz 3 - Personal Financeという名称でアプリ自体は無償配布されていますが、実際に使うとなるとApp内課金で機能追加する必要があります。

Mw_appstore1
Mw_appstore2

 ↑のように、価格が高い!というレビューがありますが、$19.99なら、それもノープロブレムですね。

Mw_appstore3

 今回ご紹介するMoneyWiz 3 Standardは、Mac App StoreのApp内課金で 6,100円相当の「MoneyWiz 3 Standard for macOS」と同等品です。つまり、6,100円相当のアプリが、$19.99で購入できるわけです。

 もちろん、日本語にも対応!

 というわけで、さっそく私も購入してみました。

20200107-114842

ダウンロードしたファイル「MoneyWiz_Mac_Free.dmg」をダブルクリックして開くと、↑の画面が開きますから、アプリケーション本体「MoneyWiz 3」を、アプリケーションフォルダにドラッグします。

 次に、アプリケーションフォルダから、「MoneyWiz 3」をダブルクリックして起動しましょう。

Mw1

 起動すると、↑の画面が表示されます。「Moneywiz をアンロック」をクリックしましょう。

Mw2

 すると、↑のアラートが開きます。すでに、ライセンスは購入済みですから、一番下の「ライセンスのアクティベート」をクリックしてください。

Mw3

 stacksocialのWebサイトから、あるいはメールで届いた「ライセンスキー」を入力します。

Mw4

 このアプリの肝ですね。「ご利用のサブスクリプションでは、お持ちの全てのデバイスでMoneyWizを使用できるので、それぞれのデバイス用に支払う必要がありません。」

 というわけで、iPhoneを含む複数のデバイスで同期できるよう、「SYNCbits」のアカウントを作成します。

Mw5

 日本語での内容をよく読んで、納得できるなら同意してください。

Mw6

 メールアドレス、パスワード、などを入力し、アカウントを作成しましょう。

Mw7

 登録したメールアドレスに、アカウントが作成されたことが通知されます。

Mw8

 これで、MoneyWiz 3 Standardを使い始めることができます。あとは、現金残高や銀行口座、クレジットカード等の登録を進めてください。

 こんな感じで、今年こそしっかりお金の管理をしたいと思います。続くのかな? iPhoneアプリのMoneyWiz 3 - Personal Finance - SilverWiz Ltdもありますし、出先での支払い等もすぐに記録できそうです。しばらく使い込んだら、またレビューします。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ