隠れJTマーヴェラスファンページ

iPhone・iPod・iPad

2018年6月20日 (水)

プライムミュージックを聴くだけで「B&O play ワイヤレスイヤホン」や「Amazonギフト券1,000円分」が当たるよ!

 プライム会員なら、もちろんプライムミュージックを楽しんでおられることでしょう。

 また、4000万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedを楽しんでおられる方も多いかと。

 そんな方々にお得なお知らせ。

 amazonが、プライムミュージックAmazon Music Unlimitedを聴くだけで、B&O play ワイヤレスイヤホンAmazonギフト券1,000円分が当たるキャンペーンを実施中です。

 キャンペーンの参加方法は簡単です。

  1. こちらのページをamazonにログインした状態で見る
  2. プライムミュージックAmazon Music Unlimitedで曲を聴く

それだけで、自動応募となります。

 もちろん、このキャンペーンの対象者は、

である必要がありますが、30日間の無料体験中でも応募OKとのこと。

 なお、B&O play ワイヤレスイヤホンは、楽曲視聴日数が5日以上で応募となりますのでご注意!

 3万円もするB&O play ワイヤレスイヤホン、当たればラッキーですね。

サッカー日本代表、コロンビア相手に初戦勝利おめでとう!

 FIFAワールドカップ2018、始まりましたね。

 相手のコロンビアは、格上。個人のスキルでも日本は劣勢。日本が勝つには、

  • 日本がミスをしないこと
  • 決めるべき時に決めること

と思ってましたが、いろいろな条件が重なり、ミスを連発した日本が、乾も大迫も決定的な場面で外してもいたけど、なんとか2-1で勝利。

 サッカー、何が起こるかわかりませんね。人生も、だけどね。

 1番の勝因は、試合開始早々5分のカルロス・サンチェスのハンドでの一発レッド・退場&香川の冷静なPKによる得点。

 もし、あの場面でGKと1対1だった大迫が決めていたら、あるいは相手GKのこぼれ玉を香川が普通に決めていたら、コロンビアは前半の早くからエンジン全開で、前がかりの攻撃をしかけ、日本は4年前のように1-4で、逆転負けしていたかもしれません。

 それだけ、序盤からの数的優位はありがたかった。もっとも、数的優位というのは、意外と勝ちにくいもので、引いた相手のカウンター一発で試合をひっくり返される、なんてことも多いわけですが。

 というわけで、勝因の2つ目は、コロンビアのカウンターが、前後半通して鋭くなかった、機能してなかったことかな。日本が前からしっかりフォローして、カウンターを許さなかったともいえます。FWも含め、日本の守備への意識は高かった。それでも、相手のスキルの高さゆえ、ひやりとした場面は何度もありましたが。

 3つ目の要因は、日本が一番嫌であったであろうファン・フェルナンド・キンテロを下げ、コンディション不良のハメス・ロドリゲスに代えたこと。攻撃のキーマンであったキンテロが下がったことで、コロンビアの攻撃はより単調に。ハメス・ロドリゲスの動きは、本当に鈍かったし。

 4つ目の要因は、平均年齢大会最年長(だよね?)らしく、老獪に落ち着いたサッカーを通せたこと。遅延行為による無駄なイエローもらった選手もいましたけども。

 しかし、そのベテラン勢の致命的なミスが日本の足かせだったのも事実。

 まず、長谷部のファール(これは長谷部がかわいそう。なんでVAR判定で相手のシミュレーションかどうか見てくれないのかなぁ?)からのフリーキックで日本失点の場面ですが、

  1. そもそもの原因は長友のクリアミス
  2. そこに不運な長谷部のファール
  3. キッカーのキンテロはクレバーなフリーキックを蹴ったけど、ワールドカップレベルのGKなら止めるよね、あれ。

というわけで、ベテラン二人のミスによる失点なわけです。人間ミスは犯すものですけど、絶対やっていけない場面でのミスは勘弁してほしい。特に川島。

 本田は途中出場で大迫の勝ち越しゴールをお膳立てしてくれた(アジア初の3大会連続アシストおめでとう! 3大会連続得点も期待したいけど、病人コンディションで大丈夫?)けど、そのあとのパスミスの連続(相手にスルーパスという致命的ミスも)や、右に張ったままのポジション、そして走れないとか、いろいろ?でした。

 試合後のインタビューで本田の顔をちらっと見たけど、甲状腺の病気、再発してるんじゃないか? すごくコンディション悪そうなんだけど。

 何はともあれ、大事な大事な初戦を勝ったことは大きい。でも、次負けたら、今回の勝利の意味がなくなるのね。昨日のセネガル vs ポーランドが、もし引き分けだったら、日本はちょっとだけ楽だったけど、セネガルが勝っちゃったからね。

 ということで、中4日しかない次戦セネガル戦で、日本は勝たなくてはならないわけです。最低引き分けだとありがたいけど、負けたらダメ。

 コロンビアは10人を相手にするだけだったけど、セネガルは超身体能力の高い11人を相手にしないといけないわけです。格上ポーランドに勝って、チームの雰囲気もすごく上がってるだろうし。

 日本も勝ったとはいえ、コロンビア戦でけっこう削られているので、柴崎とか怪我の状態が心配な選手もいますし、もともと故障を抱えている選手も多いので、どうやって立ち向かうか。

 試合後のインタビューでは、誰も浮かれることなく気を引き締めていましたけど、なんとか次戦もモノにしてほしいですね。コロンビア戦のようなミスは、もういりません!

 ともかく初戦は勝った。大事なのは次。頑張れ、サッカー日本代表!

 話変わって、今回のサッカーワールドカップ 2018。テレビで試合観戦の人も多いだろうけど、iOS AppのNHK 2018 FIFA ワールドカップ - NHK (Japan Broadcasting Corporation)が、素晴らしい出来です。


  • NHKの地上波で生中継する32試合をライブ配信!全64試合の見逃し視聴も可能
  • ゴールなどの重要なシーンを様々な角度からのカメラで楽しめます
  • 全試合のハイライト、きょうのベストゴール集などハイライト動画も盛り沢山
  • 得点王は誰?トップスピードランキングは?ありとあらゆるデータが充実
  • 全選手のプロフィールがわかる ・開催都市、スタジアムの情報も満載

 と、NHKのアプリをおすすめしてますけど、これを視聴することで「iPhone」や「iPad」ユーザーにも受信料を払え!、とNHKが言って来るのかどうかは知りません。

 知りませんが、NHK 2018 FIFA ワールドカップ - NHK (Japan Broadcasting Corporation)では、ゴールシーン等「マルチアングルカメラ」で、いろいろな方向からの映像を楽しめたりしますので、画面の小さなiPhoneはともかく、iPadユーザーは手に入れておいても損はないと思いますよ。

 繰り返しますが、将来の受信料についてはわかりません!

2018年6月15日 (金)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

 本日(2018.6.15 Fri)17時から48時間限定ですので、必要な方はお急ぎください。

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2018.6.15 (金)17時から、48時間限定特価 3,000円(先週末より980円安い!)で販売しています。

 amazonでは 7,717円で販売されているので、3,000円はかなりお値打ち。

 もちろん、最新のmacOS High Sierraにも対応!

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。明日(2018/6/17 Sun)の午後5時までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2018年6月13日 (水)

Qi ワイヤレス充電機能を搭載した10000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081」が便利そう!

 RAVPowerが、Qi ワイヤレス充電機能を搭載した大容量10,000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081の販売を開始しています。

 RP-PB081は、

  1. 大容量10,000mAhのモバイルバッテリーでありながら、
  2. 5W Qi規格に対応しiPhone X / 8/ 8 Plusをワイヤレス充電可能
  3. ワイヤレス充電中、USB-Aポートから有線で他の機器への充電も可能
  4. 5V 2.4A AC充電器を使用すれば、RP-PB081本体を5.5時間で満充電可能
  5. 18ヶ月保証

が特徴のモバイルバッテリー。

 特筆すべきは、2. のQi対応のところ。

 つまり、iPhone X / 8/ 8 Plusユーザーは、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを、USB-ライトニングケーブルで接続しなくても、重ねておくだけで充電できるわけですよ。

 これ、机の上でももちろん便利ですが、鞄やバッグの中で充電するときも、すごく便利な気がしません? ヘアバンドとかサポーターとかで、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを重ねておけば、カバンの中で自然にワイヤレス充電できるわけですよ。

 RP-PB081の販売開始記念価格は3,999円ですけど、2018年6月17日(日)23:59までの期間限定で、会計時にクーポンコード「RPPB081D」を入力することで400円OFFで購入できるそうです。

 MacBook (Retina, 12-inch)も充電可能なUSB PD対応のUSB Type-Cポートを装備し、さらにUSBハブ機能搭載のモバイルバッテリーRP-PB059など、魅力的な製品を提供してくれるRAVPower

 RP-PB059は、おいらも愛用していますが、おいらの中ではRAVPowerは、Anker並みに信頼できるメーカーになっています。今のところはね。

 また、本日の特選タイムセールで、災害時に役に立つ100V出力を備えたRAVPowerのポータブル電源 2製品も8,096円からと、非常にお買い得価格になっています。興味のある方は、こちらをご覧ください。

【買ってはいけない!】BaseusのUSB PD対応を謳う「USB-C Lightningケーブル」

 この手の記事は滅多に書かないのですが、注意喚起を含めてご紹介。

 amazonが、本日のタイムセールで、BaseusのUSB PD対応を謳うUSB-C Lightningケーブルをお買い得価格で販売しています。

と、片側がUSB-C、もう一方のコネクタがライトニングコネクタのケーブルとしてはかなりお買い得価格です。

 ただしこのケーブル、PD(USBパワーデリバリー)対応を謳っていますが、カスタマーレビューを見る限り、また実際に測定された充電電圧と電流を見る限り、PD対応ではありません。

 さらにライトニングコネクタも、「Apple MFi認証」取得の記載がどこにもありませんから、iOSのアップデートで使えなくなる可能性も高いです。

 実際、商品ページには「ご注意:iOS 11.3以上のシステムでまだ高速充電に適用しておりません。」と記載されています。

 「まだ」とありますが、ファームウェアやmacOSのように、アップデート可能なわけじゃないでしょうから、現行製品は「まだ」でなく「将来も」高速充電には対応できないと思われます。

 そもそも、USB PD対応のACアダプタで高速充電できるiPhoneのモデルは、iPhone X / 8 / 8 Plusです。これら最新モデルのオーナーは、当然OSも最新の「iOS 11.4」にアップデート済みでしょう。

 となると、このケーブルでは、もう高速充電の恩恵にあずかれません。通常スピードの充電のみです。つまり、普通のライトニングケーブルと変わらないわけです。

 以上の理由で、いくらお買い得価格でも、このケーブルは買わないほうが良さそうです。

 現状では、「USB-C Lightningケーブル」は、高価ですが「Apple純正品」くらいしか選択肢がないのかもしれません。そのうち、「MFi認証」も「USB-IF認証」も、どちらも取得したケーブルがサードパーティから販売されるかもしれませんが、今のところそのような製品は見当たりません。もしあるなら、誰か教えてくださいませ。

 なお、2018年発売予定の新型iPhoneは、ライトニングコネクタを装備し、18Wの充電器が標準添付されると噂されていますが、来年2019年販売のiPhoneから、コネクタがUSB-Cになる!という噂もあります。

 となると、製品寿命の短い「USB-C Lightningケーブル」が、サードパーティから出る可能性は低そうですね。

2018年6月10日 (日)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,980円!

 本日(2018.6.10 Sun)17時から24時間限定ですので、必要な方はお急ぎください。

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2018.6.10 (日)17時から、24時間限定特価 3,980円で販売しています。

 amazonでは 7,717円で販売されているので、3,980円はかなりお値打ち。

 もちろん、最新のmacOS High Sierraにも対応!

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,980円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。明日(2018/6/11 Mon)の午後5時までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2018年6月 5日 (火)

Appleを装ったフィッシング詐欺メール

 久しぶりにAppleを装ったフィッシング詐欺メールが2通届きましたので、ご報告。

Img_5837

 その迷惑メールをiPhoneで表示させると、↑な感じ。130円のサブスクリプションを購入したそうな。

 これ、本来は $129.99(15,000円近いですね、ドルだと。)で、「支払いキャンセル」をクリックさせて、フィッシング詐欺に持ち込むパターンなんだけど、わずか130円じゃ、誰もあわてて引っかかたりしないよね。

 文言もデザインも稚拙ですし、やはり誰も引っかからないと思うけど、一応注意喚起。

 MacのMail.appで表示させるとこんな感じですね。「差出人」と「リンク先」にマウスポインタを置いて、表示させています。

Fishing_mail

 差出人がAppleでないことも、「支払いキャンセル」のリンク先がAppleでないことも一目瞭然。

 今回このメールは、iCloudアカウントに届いたので、「abuse@icloud.com」と「reportphishing@apple.com」に転送。

 Appleは、こちらのページで、「フィッシング詐欺やその他の疑わしいメッセージについて Apple に報告」せよ、と言ってますのでバシバシAppleに転送してください。

 今回のようなデキの悪いフィッシングメールに引っかかる人はいないと思いますが、Appleを語った迷惑メールやフィッシングメールは増えているようですので、気をつけてくださいね。

2018年5月30日 (水)

Apple、AirPlay 2やHomePodのステレオペアに対応した「iOS 11.4」の配布を開始!

 Appleが、

  • AirPlay 2
  • HomePodのステレオペア対応
  • iCloudにメッセージを保管する機能

が導入された、iOS 11.4の配布を開始しています。

Img_5825


iOS 11.4には、複数の部屋でオーディオ再生ができるAirPlay 2、HomePodのステレオペア対応、およびiCloudにメッセージを保管する機能が導入されました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。

AirPlay 2

  • 家全体のホームオーディオシステムおよびAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • 家にある複数のAirPlay 2に対応したスピーカーと同期して音楽を同時に再生可能
  • コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールからAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • iPhone、iPad、HomePod、またはApple TVからSiriを使ってAirPlay 2に対応したスピーカーを音声で操作可能
  • AirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たりゲームをすることが可能

HomePodステレオペア

  • iPhoneまたはiPadを使用してHomePodのステレオペアを設定することに対応
  • HomePodステレオペアは自動的に部屋の設置場所を検知しサウンドを場所に応じて自動調整
  • 先進のビームフォーミング機能により、既存のステレオペアよりもさらに臨場感のある音響ステージを提供
  • HomePodはステレオペアに対応するように自動的にアップデート(“ホーム” Appで自動アップデートが無効にされていない限り)

iCloudにメッセージを保管

  • メッセージ、写真、およびその他の添付ファイルをiCloudに保管し、デバイスの空き容量を増やすことが可能
  • 新規デバイスに同じiMessageアカウントでサインインすれば今までのメッセージを新規デバイスですべて見ることが可能
  • メッセージやチャットを削除すると、どのデバイスからも同時に削除
  • この機能をオンにするには、iCloud設定で“メッセージ”を有効にします(“設定”>[あなたの名前]>iCloud)
  • 今までと同じように、チャットはエンドツーエンドで暗号化

その他の改善および修正

  • 教師が“スクールワーク” Appを使用して生徒にiBooksで読書アクティビティを割り当てることが可能
  • 特定の文字列が“メッセージ”をクラッシュさせる問題を修正
  • “メッセージ”で一部のメッセージの順序がばらばらに表示される問題に対処
  • Google Drive、Googleドキュメント、およびGmailにSafariからログイン/アクセスができない問題に対応
  • “ヘルスケア”でデータが同期できない問題を修正
  • ヘルスケアデータにアクセス可能なAppを変更できない問題を修正
  • ホーム画面でAppが正しくない位置に表示される問題を解決
  • CarPlayオーディオの音が歪む問題を修正
  • iPhoneからBluetooth経由で再生しているとき、または車でUSBに接続しているときに、音楽を選択できない問題を修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222


 手持ちのiPone SEとiPhone 5sをOTAでアップデートしてみましたが、今のところは特に問題なさそうです。

 もっとも、Airplay 2対応機器も、HomePodも持ってないので、このあたり確かめようがないのですけどね。

 細かなバグ修正も実施されていますから、対応のiPhone、iPadユーザーはアップデートしておきましょう。

2018年5月23日 (水)

Apple 7.5Wに対応しiPhone(8以降とX)とApple Watchを同時に充電できるワイヤレスモバイルチャージャー「MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2」が良さげ! しかも「おまけ」付き!

 マイクロソリューションが、Apple 7.5Wに対応しiPhone(ワイヤレス充電に対応したモデル)とApple Watchを同時に充電できるワイヤレスモバイルチャージャーMOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2の販売を開始しています。

 そのへんのQi対応ワイヤレス充電器は、Appleの7.5w充電に対応していないものが多いですが、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2ならきっちり対応。最短時間で、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusをワイヤレス充電できますよ。

 お値段、販売開始記念価格の3,980円

 しかも、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2を買うと、

が無料で購入できます。「ちょっと何言ってんのかわかんない」状態ですね。

Ms_wc

 ね、ちょっと何言ってんのかわかんないでしょ? 3,260円割引で、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2の代金 3,980円のみの支払い。

 ちなみにおいら、iPhone XもiPhone 8もiPhone 8 Plusも持ってません。Air Podsも持ってません。でも、タダだからもらっておきました。

 ワイヤレス充電可能なiPhoneを持ってないのにMOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2を買う意味もなさそうですが、次に買うiPhoneはまちがいなくワイヤレス充電対応モデルのはずなんで、そのうち役に立つでしょう。

 Apple Watchは持ってるので、全く使えないわけじゃないですけどね。おいらのiPhone SE、そろそろ買い替えどきかな。iPhone 8 Plus REDにするか、新しいのを待つか…

 イヤホンについては、すでにBeats Xを持ってるので、Air Podsの購入予定はありません。

 というわけで、商品が届いても、レビューできるのはWIRELESS MINI SPEAKER (ULTRA MINI SPEAKER, BLACK)だけかも。

2018年5月13日 (日)

EWIの外部音源として「Total Studio Bundle for iPad」をポチッとな!

 期間限定で60% OFFということで、iPad版のソフトウェア・シンセサイザーを含むバンドルTotal Studio Bundle for iPad - IK Multimediaを購入しました。8,400円が3,400円です。

 「**SPECIAL SALE! GET THE BUNDLE FOR ONLY $27.99 (60% OFF THE TOTAL VALUE) THROUGH MAY 5 2018!**」とあるんですが、今も60% OFFのまま購入できます。

 もちろん、EWIの音源として使うためです。EWIの音源として使うだけなら、SampleTank - IK Multimedia(iPadでもiPhoneでも動きます)だけでいいんですけど、↓

Total Studio Bundle for iPad - IK Multimediaは、

  1. SampleTank - IK Multimedia・・・2,400円
  2. AmpliTube for iPad - IK Multimedia・・・2,400円
  3. VocaLive - IK Multimedia・・・2,400円
  4. GrooveMaker 2 FREE - IK Multimedia・・・1,200円

が、セットになって3,400円。もっとも、他のAppは使うかどうか不明なんですけどね。そのうち、使う機会もあるかも。

 1.と4.は、iPhoneとiPadで共通して使えます。が、2.と3.は、iPhoneとiPadで別アプリとなっています。

 もっとも、今回のような価格でセットで入手するなら、別途iPhone版が必要になれば、その時に購入すればいいと思うんですけどね。

 ただ、iPhoneは一応、電話です。ライブのステージで、電話であるiPhoneを音源にしたり、録音機材にしたりというのは、ちょっと… というわけで、iPadをお持ちなら、画面も大きく操作しやすいですから、iPad版のみ購入でいいんじゃないかと思いますけどね。

 それに、iPhoneよりiPadの方が、ぐんっとお安いですからね。iPhoneは高くて買えないけど、iPadなら買える人も多いかと。

 実際に、EWIと接続して、音出ししてみたとかのレビューは後日お届けします。もちろん、EWIとiPadは、ヤマハ ワイヤレスMIDIアダプター MD-BT01で接続予定。

 もう世の中ワイヤレスですよ。シールドケーブルやら、MIDIケーブルに絡まれている時代じゃありません。

 もっともレビューは、少々遅れるかも。仕事はひと段落してるのですけど、そのほかの野暮用で今月もバタバタしており、ブログ更新がままならぬ状況。体調がシャキッとしない、というのもあるんですけどね。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ