隠れJTマーヴェラスファンページ

iPhone・iPod・iPad

2019年11月 9日 (土)

ベルキンのUSB-Cドッキングステーション「F4U092BTSGY-A」が、半額の5,112円とお買い得!

 amazonが、参考価格 10,978円のベルキンのUSB-CドッキングステーションF4U092BTSGY-Aを半額以下の5,112円で販売しています。タイムセール特価なのですが、さらに10% OFFのクーポンが使えまして、結果 5,112円!

 ベルキンのUSB-CドッキングステーションF4U092BTSGY-Aは、USB PD 60wでMacBook Pro等を充電しつつ、LAN、USB-C、SDカード、USB-Ax2、HDMIの接続端子を拡張してくれるハブ・ドッキングステーション。

 もちろん、iPad Proでも使えますが、iPad Proに付属の18wのUSB電源アダプタでは、電力不足でiPad Proを充電できません。なぜなら、ベルキンのUSB-CドッキングステーションF4U092BTSGY-Aも電力を消費するからね。

 iPad Pro以外に2016年モデル以降のMacBookやMacBook Proをお持ちなら、29wや61wのUSB電源アダプタをお持ちでしょう。それらを使えば、iPad Proも充電できますよ。

 私は過去にも似たようなUSB-Cドッキングステーションを買っていますが、今回もポチッとな。安いし、Apple Storeでも販売されているベルキン製品ですし。タイムセール特価&10% OFFクーポンに食いついただけともいえますが…

 同じような値段の他社製品もありますが、やはりApple Storeで販売されている製品であるという点に信頼性を感じてしまうわけです。届きましたら、レビューしますね。

2019年11月 1日 (金)

家族内であれば何台でもインストールOKなウイルス対策ソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円とお買い得! もちろん「有効期限延長」にも使えます!

 第32回 Vector ベクタープロレジ大賞「グランプリ受賞」!

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2019.11.3 (日)まで究極特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは5台3年版が 11,238円(ダウンロード版)で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Mojaveにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版 は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版 は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2019/11/3(日)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

 そろそろウイルス対策ソフトの使用期限が切れそうな方。期限延長するよりも、マカフィー リブセーフ 3年版 を購入する方が、安上がりですよ。もちろん、「マカフィー リブセーフ」をすでにお使いの従来ユーザーの方は、「有効期限延長」にもお使いいただけます

 ウイルス対策、セキュリティ対策していないって方は、この機会に是非!

2019年8月 2日 (金)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

第32回 Vector ベクタープロレジ大賞「グランプリ受賞」

 

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2019.8.4 (日)まで、究極特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは5台3年版が 11,238円(ダウンロード版)で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Mojaveにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2019/8/4(日)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

 そろそろウイルス対策ソフトの使用期限が切れそうな方。期限延長するよりも、マカフィー リブセーフ 3年版を購入する方が、安上がりですよ。

2019年5月20日 (月)

EWI4000sをワイヤレス化するためBOSS「KATANA-Air」を購入!

 下手の横好きで、なかなか上達しないEWIですが、EWI4000sをワイヤレス化すべくBOSSのワイヤレスギターアンプKATANA-Airを買ってみました。

 KATANA-Airはワイヤレスギターアンプですが、ギターだけじゃなく、ウインドシンセのEWI4000sでも使えます。実際に楽器店では、EWIじゃないですが、RolandのAerophoneとセット販売されていたりします。どんなものかは、こちらの動画がわかりやすいでしょうか。

 通常、EWI4000sをワイヤレス化するだけなら、同じBOSSのギターワイヤレスシステム WL-20、もしくはWL-20Lを購入すればよいのですが、

  1. ちゃんとした練習用アンプを持っていない
  2. KATANA-Air にはエフェクトも内蔵されている
  3. KATANA-Air はバッテリー駆動できる
  4. さらにKATANA-Air は、Bluetoothスピーカーとしてても使える

と、色々楽しめそうなことがわかり、 WL-20WL-20Lの2倍の諭吉様にご登場いただいて、KATANA-Airを購入しました。
 人気商品のようで、どこでも定価販売(税込 43,200円)なのですが、amazonだと10%のポイント(4,320pt)がつくのでamazonでポチッとな。ポチった翌日午前中に到着しました。

Img_7272

 

Img_7274

 中には、KATANA-Air本体、トランスミッター、ACアダプター、取扱説明書ほか書類が入っています。MacやPCとUSB接続することで、KATANA-Airの音をMacやPCで録音することができるのですが、USBケーブルは標準添付されていません。

Img_7276

 

Img_7278

 

Img_7280

 トップパネルには、左から、

  1. AMP TYPE
  2. GAIN
  3. VOLUME
  4. BASS
  5. MIDDLE
  6. TREBLE
  7. BST/MOD
  8. DELAY/FX
  9. REVERB
  10. MASTER

といったつまみが並んでいます。

 AMP TYPE(アンプタイプ)は、

  1. BROWN
    BOSSのWAZAブラウン譲りのエッジの効きにこだわったリードサウンド
  2. LEAD
    ゲイン設定で、クランチからハイゲインまで幅広く対応できるサウンド
  3. CRUNCH
    ピッキング・ニュアンスに忠実に反応する、ファットなクランチ・サウンド
  4. CLEAN
    クリーンでナチュラルなサウンド。BST(ブースター)との組み合わせで、ソロやリードとしても使える
  5. ACOUSTIC
    アコギ対応。アコースティックギター専用アンプですが、Audio ModelingのSWAMエンジンにもいいかも

といた、5種類が用意されています。もちろん、それぞれゲインを調整し、エフェクトをかけることで、音は様々に変化します。

 トランスミッターはコンパクトで、EWI4000s(実際には、4000sw)に接続するとこんな感じ。EWI5000はそもそもワイヤレス対応なので、KATANA-Airを使う必要はないのですが、参考までに写真に撮ってみました。

Img_7286

 

Img_7288

 いかがでしょう? この小さなマッチ箱みたいなトランスミッターをつけるだけで、EWI4000sをワイヤレス化できちゃうわけ。さっそく吹いてみましたけど、レイテンシーは全く気になりません。どちらかというと、EWI5000のワイヤレスの方がレイテンシーが気になるくらい。

 このワイヤレストランスミッターですが、マイクロUSBポートがありまして、USB経由で充電することで12時間使用することができます。また、KATANA-Air本体上部にトランスミッターを挿す穴がありまして、そこに挿しておけば自動的に充電されるそうです。

Img_7293

 

Img_7297

 いやいや、楽しいおもちゃです。

 アンプタイプやゲイン、ブースターやディレイ等の効き具合は、本体上部のつまみやタップスイッチで調整できるのですが、iPhoneやiPad用の専用無料AppBTS for KATANA-AIR - Roland Corporationを使えば、本体に触れる必要すらなくなります。

Img_7281

 ちょっと長くなりましたので、続きは後ほど。

2019年5月 4日 (土)

NATIVE INSTRUMENTSの「MASCHINE Jam」

 10連休。おいらが社会人になってから最長の休みなわけですが、それもあっという間に残り3日。久しぶりに、夏休みが終わる頃の小学生の悲哀を感じているおっさんです。

 GW前半、こちら関西方面はあまりお天気が良くなくて、どこにも出かけず引きこもり。もっとも、新しいおもちゃをゲットしていたので、退屈はしませんでしたけどね。その新しいおもちゃがこちら。

 Native Instrumentsの「Maschine 2」というソフトウェアを操作するためのハードウェア、MASCHINE Jamです。

 ごらんのように、ピカピカ光ってインテリアには最適です。

 MASCHINE Jam といいますのは、

を1つにまとめたような機材です。

 MASCHINE Jam本体には音源は内蔵されていません。標準添付(ダウンロード)の「Maschine 2」というソフトウェアが音源やらFxを担当し、それを制御するためのハードウェアがMASCHINE Jamです。

 販売元は「楽器」として扱っているそうです。こんな感じでプレイできるから、楽器扱いということらしいです。

 ↑をみると、なかなか楽しそうでしょ? これでおいらもパリピですw おっさんだけど。もっとも、まだ遊び方が全然わかってないですけどね。

 ただ、ステップシーケンサーとしての使い勝手は非常にいい感じです。ドラムもベースも聴きながら適当に打ち込んでいけますし、耳あたりの良いBGMっぽいものとかは簡単に作れます。

 MASCHINE Jamは、比較的安いといっても3万円。どんなものなのか気軽に経験したいということであれば、iPhoneやiPad用のアプリであるiMaschine 2 - NATIVE INSTRUMENTS GmbHがおすすめです。お値段、1,200円也。

 ↑は、iPadで動作させた状態。iPhoneでも動きますよ。iPhoneやらiPadでここまで遊べるというだけで、おっさん的にはびっくりなんですけど楽しい時代ですね。

2019年4月23日 (火)

Anker、最大100wのUSB PDに対応した急速USB充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」の販売を開始!

 Ankerが、最大100wのUSB PDに対応したUSB Type-Cポートを2個、PowerIQ搭載USB Type-Aポートを2個搭載したUSB急速充電器Anker PowerPort Atom PD 4の販売を開始して居ます。

 Anker PowerPort Atom PD 4は、

  • USB Type-Cポートを2個
  • USB Type-Aポートも2個

搭載したUSB急速充電器。合計出力は100wですが、USB-Cポート1個で最大 100w出力(規格上の上限)が可能です。つまり、85w ACアダプタが付属するMacBook Pro (15-inch, 2016 - 2018)も余裕で充電可能ということですね。

 100w出力だけにサイズは約110 × 85 × 34mm、重量は約457gとなかなかヘビー級な設計です。これは仕方ないかな。保証期間は18ヶ月。

 現在発売開始記念価格 9,999円で販売中。お値段も、他のUSB充電器と比較するとかなりのヘビー級。しかし、必要な人には必要な製品かも。

 かつてのMacBook系ノートは、マグセーフアダプタという高価なApple純正ACアダプタだけしか選べなかったので、壊れた時の費用が悩みのタネでしたが、今のMacBook系列はUSB Cで充電するタイプが主流。少々古くなって純正ACアダプタが壊れても、安いものから高価で高機能なものまで、ACアダプタはサードパーティ製も含めよりどりみどりです。これは、古い「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」を愛用しているおいらには、かなり羨ましいところです。

 もちろん、マグセーフにはマグセーフの良さもありましたけどね。

amazonタイムセール祭りでMacBook AirやiPad 6th Gen等アップル製品がお買い得!

 87時間限定のamazonタイムセール祭り

Md_heisei_44

 最終日の本日は、MacBook Air(非レチナ)やApple Pencil対応iPadなどApple製品の特選タイムセールも開催中。

 定価販売が基本のApple製品ですから、MacBook AirやiPad 6th Gen、Beatsのワイヤレスヘッドホン等の購入を考えておられた方は、ちょっと覗いてみるのもいいかも。

2019年4月 3日 (水)

USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能な「RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159」がクーポン適用で20% OFFに!

 USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能なRAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159(7,599円)がクーポン適用で20% OFFの6,079円で購入可能です。

Img_7177

Img_7179

 RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159は、

仕様

  • サイズ:約160 x 78.5 x 23mm
  • 重量:400g(本体)
  • バッテリー容量: 20100mAh / 72.36Wh
  • 出力ポート: 2 ( USB-A × 1 , USB-C × 1 )
  • 入力ポート: 2 ( Micro USB × 1 [QC対応] , USB-C × 1 [PD対応] )
  • USB-C出力: PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大45W
  • USB-A出力: 5V/2.4A , 最大12W
  • 最大出力: 45W (USB-Cポート単独使用時の出力)
  • 最大同時出力: 30W [USB-Cポート] + 12W [USB-Aポート] (USB-Aポート及びUSB-Cポートから同時に出力する場合、安全性のためにUSB-Cポートからの出力は30Wに制限されます)
  • USB-C入力 : PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 15V/2A, 20V/1.5A, 30W Max
  • Micro入力: QC 5V/2A, 9V/2A, 18W Max

上記仕様表をご覧いただければお分かりの通り、出力ポートとしてUSB AポートとUSB Cポートを各1個搭載し、USB Cポートは最大45WのPower Deliveryに対応。つまり、USB Cポート搭載のMacBook Proも充電できる容量20,100mAhのパワフルなモバイルバッテリーです。

 また、20,100mAhと大容量なだけに気になる当モバイルバッテリーへの充電ですが、こちらもUSB-Cポートから充電することにより、3.5時間で満充電が可能となっています。保証期間は18ヶ月ですが、ユーザー登録することで、さらに1年間保証期間が延長され、30ヶ月保証となります。

 高性能で大容量なぶん、価格は7,599円とお高めですが、今回は会計時にクーポンコード「RPB15903」を入力することで、20% OFFの6,079円で購入可能。

 MacBookとiPad Proをお使いの方には、最強のモバイルバッテリーですね。なおクーポンコードの有効期限は、4月7日まで。必要な方はお急ぎくださいませ。

 なお、RAVPowerというメーカーは、USBハブ機能を搭載した20,100mAhのUSB PD対応モバイルバッテリーRP-PB059も販売しています。なかなか技術力のあるメーカーと思っています。私も愛用していますが、USBハブ機能搭載のこちらのモバイルバッテリーもオススメです。

 

2019年3月31日 (日)

amazonの「タイムセール祭り」でApple製品がお買い得!

 昨日から始まりましたamazonのタイムセール祭りApple製品もお安く購入できるようですよ。

Img_7168
 iPad mini 4につきましては、Apple Pencilも使える2019年モデルのiPad mini 5も登場したことですし、わざわざここで購入しなくてもいいかなと思うわけですが。
 でも、Appleで購入すると38,664円もするApple Watch (42mm) リンクブレスレット36,905円で買えるわけですね、amazon。
 型遅れとはいえ、ヘッドホンとか一世代前のモデルでも、余り気にならないような気もします。Apple Watchは、Series 4には心電図機能があるわけですが、日本ではまだ使えませんし、それなら安くなっているApple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)- 42mmステンレススチールケースも魅力的に見えてきたり。
 もっとも、せっかくのセルラーモデルのApple Watchも、おいらはスマホそのまま安くなるmineo!月額基本料金1,310円(税抜)~なので、猫に小判なわけですが。
 そうそう、mineoといえば、3回線目を購入しました。まだ届いてないのですけど、先に書いたiPad mini 5のセルラーモデルを発表日にオーダーしたんですね。こいつ用の回線です。iPad mini 5は、mini 2からの買い増しなので、どのくらい進化しているのか楽しみです。届いたらレビューしますね。

2019年2月 5日 (火)

NTTのホームゲートウェイ/ひかり電話ルータ 「RT-500MI」って、『SC-40NE「2」 無線LANカード』を挿すだけでWi-Fi対応しちゃうのね。

 自宅のインターネット環境は、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」で、ひかり電話も利用しています。

 で、NTT西日本から貸与されている(レンタルしている)ホームゲートウェイ/ひかり電話ルータがRT-500MIなのですけど、こいつってSC-40NE「2」 無線LANカードを挿すだけでWi-Fi対応するのね。

 契約時に無線LANはどうされますか?、って聞かれたんだけど、大昔に購入したAirMac ExpressやらエレコムのWi-Fiルーターやらで、すでにWi-Fi環境は整っていたので、NTTのは断ってたのね、別途料金かかるみたいだったし。

 でも、NTT西のこちらのページを見ると、「フレッツ光をWi-Fiでつなげるのであれば、追加の通信料は発生しません。 ※無線LANカードや無線LANルーターなどの機器代金は必要です。」とあるわけ。

 ってことは、SC-40NE「2」 無線LANカードを購入すれば、自宅の無線LANのアクセスポイントをさらに増やせるってことですね。ということで、探してみたら、amazonで3,520円で売ってましたので、ポチッとな。

Img_6851

Img_6853

 ↑到着したのは、無線LANカード本体と取説。新品同様なきれいな状態でした。

 SC-40NE「2」 無線LANカードの形は、ユニボディになる前の古いアルミのMacBook Proユーザーには懐かしい「Express Card/34 (PCI Express)」。こいつをRT-500MIの上部に差し込むと、Wi-Fi対応になるわけです。

 SSIDと暗号化キーはRT-500MIの側面に印字されています。それがそのまま使えます。もちろん、WebブラウザからRT-500MIにアクセスし、任意のSSID、暗号化キーに変更することも可能です。

 RT-500MIの電源をオフにし、SC-40NE「2」 無線LANカードを装着。RT-500MIの電源を入れたら、普通に使えました。

 無線LANのアクセス先として

  1. rt500m-xxxxxx-1
  2. rt500m-xxxxxx-2
  3. rt500m-xxxxxx-3

の3つのSSIDが表れます。注意点が2つありまして、

  • 2.のSSIDはMACアドレス制限がかかっていますから、RT-500MIにログインして設定変更しないとつながりません。
  • もう1つの注意点は、1.と2.は2.4GHzのIEEE802.11b/g/n、3.は5GHzのIEEE802.11ac/n/a

という点。

 このあたりだけ気をつければ、特に問題なく使えるようでした。ちなみに、SC-40NE「2」 無線LANカードの3つめのSSID、つまり5GHzのIEEE802.11ac/n/aにiPhone SE(今となってはWi-Fi性能の最も低いiPhoneですが)を接続して、スピードテストしたらこんな感じ。

Sc40ne2

 今まで使っていたエレコムのWiFiルーター「WRC-F1900ACG」だとこんな感じ。

Wrcf1900acg

 「WRC-F1900ACG」は、ルーターとしてではなくアクセスポイントに設定して使っています。ダウンロードが遅い原因がどの辺りにあるかは?ですが、時間帯が時間帯なんで、参考数値ということで。

 さらに2008年製の「AirMac Express 802.11n (1st Generation)」につないだ結果はこちら。

Airmac_express

 というわけで、3,520円のSC-40NE「2」 無線LANカード。NTT西日本やNTT東日本からホームゲートウェイ/ひかり電話ルータをレンタルされていて、Wi-Fi契約はしてないなら、こいつを買えばWi-Fiも使えるようになりますよ。

 最後に、今朝の職場のスピードテスト。ルーターは「WRC-1167」で、同じiPhone SEです。

Wrcf1167acg

 テストした時間帯が違いますから、参考にもなりませんけどね。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ