隠れJTマーヴェラスファンページ

Nexus7・Android・Kindle

2019年5月15日 (水)

iPad mini 5を車載するには「Satechiタブレット 車載 ホルダーCDスロット取付用」が一番マシかな

 うちのクルマは自動車税15%加算のポンコツなので、AppleのCarPlayなんかには対応していません。でも、iPadやらiPhoneには、当然のことながらBluetoothが搭載されていますから、Bluetooth対応FMトランスミッターと組み合わせれば、iPhoneやらiPadでカーナビアプリなり、Musicアプリなりを使った時の音声案内やら、音楽再生をカーステレオで聴けるわけです。

 もちろん、Bluetooth対応FMトランスミッターにはたいていマイクも内蔵されていますから、電話がかかってきた場合、そのままハンズフリーで応答できます。

 で、iPhone程度の小さくて軽いものなら、車載するのも簡単なわけですが、iPad mini 5程度の大きさになると車載するのも難しいです。色々試してみた結果、今のところ一番マシなのが、Satechiタブレット 車載 ホルダーCDスロット取付用

 その名の通り、ダッシュボードのCDスロットに取り付けるタイプのタブレットホルダーです。

 おいら、これを購入するまで、CDが中に入っている状態だと取り付けられないんじゃないの?、って思ってたんですけど、中にCDが入っていても、入っていなくても取り付けられました。もちろん、CDをイジェクトするときには、取り外さないとダメですよ。

 うちのポンコツカーに実際に取り付けたところが、こんな感じ。

Img_7221

 CDスロットの形状によって、上下逆に取り付けた方がきちっと固定される場合があるようで、うちのクルマがそのパターンでした。

Img_7225

 横から見ると、↑な感じですね。

Img_7227

 実際にiPad mini 5を取り付けると↑な感じ。

 シフトレバーへの干渉もなく、特に問題はなさそうです。走ってみましたが、整備された道であれば大丈夫。オフロードは無理。でかい穴ぼこの開いているような道や段差のある道もアウトかな。

 しかし、重量物のiPad miniを十分保持してくれて、カーナビ代わりに使えそうなタブレットホルダーは、今のところこいつが唯一。吸盤タイプでは、iPad miniの重量を支えられませんし、エアコン吹き出し口に取り付けるタイプも、エアコンのフラップが重量に負けて下向きになってしまいますし。

 というわけで、おいらは当分Satechiタブレット 車載 ホルダーCDスロット取付用を愛用しますなお、iPadやiPhoneの取り付けはホルダー上部がバネになっていますので、ググッと引っ張れば外すことができます。耐久性については未知数ですが、壊れたらまたレポいたします。

2019年4月23日 (火)

Anker、最大100wのUSB PDに対応した急速USB充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」の販売を開始!

 Ankerが、最大100wのUSB PDに対応したUSB Type-Cポートを2個、PowerIQ搭載USB Type-Aポートを2個搭載したUSB急速充電器Anker PowerPort Atom PD 4の販売を開始して居ます。

 Anker PowerPort Atom PD 4は、

  • USB Type-Cポートを2個
  • USB Type-Aポートも2個

搭載したUSB急速充電器。合計出力は100wですが、USB-Cポート1個で最大 100w出力(規格上の上限)が可能です。つまり、85w ACアダプタが付属するMacBook Pro (15-inch, 2016 - 2018)も余裕で充電可能ということですね。

 100w出力だけにサイズは約110 × 85 × 34mm、重量は約457gとなかなかヘビー級な設計です。これは仕方ないかな。保証期間は18ヶ月。

 現在発売開始記念価格 9,999円で販売中。お値段も、他のUSB充電器と比較するとかなりのヘビー級。しかし、必要な人には必要な製品かも。

 かつてのMacBook系ノートは、マグセーフアダプタという高価なApple純正ACアダプタだけしか選べなかったので、壊れた時の費用が悩みのタネでしたが、今のMacBook系列はUSB Cで充電するタイプが主流。少々古くなって純正ACアダプタが壊れても、安いものから高価で高機能なものまで、ACアダプタはサードパーティ製も含めよりどりみどりです。これは、古い「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」を愛用しているおいらには、かなり羨ましいところです。

 もちろん、マグセーフにはマグセーフの良さもありましたけどね。

2019年4月 3日 (水)

USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能な「RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159」がクーポン適用で20% OFFに!

 USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能なRAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159(7,599円)がクーポン適用で20% OFFの6,079円で購入可能です。

Img_7177

Img_7179

 RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159は、

仕様

  • サイズ:約160 x 78.5 x 23mm
  • 重量:400g(本体)
  • バッテリー容量: 20100mAh / 72.36Wh
  • 出力ポート: 2 ( USB-A × 1 , USB-C × 1 )
  • 入力ポート: 2 ( Micro USB × 1 [QC対応] , USB-C × 1 [PD対応] )
  • USB-C出力: PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大45W
  • USB-A出力: 5V/2.4A , 最大12W
  • 最大出力: 45W (USB-Cポート単独使用時の出力)
  • 最大同時出力: 30W [USB-Cポート] + 12W [USB-Aポート] (USB-Aポート及びUSB-Cポートから同時に出力する場合、安全性のためにUSB-Cポートからの出力は30Wに制限されます)
  • USB-C入力 : PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 15V/2A, 20V/1.5A, 30W Max
  • Micro入力: QC 5V/2A, 9V/2A, 18W Max

上記仕様表をご覧いただければお分かりの通り、出力ポートとしてUSB AポートとUSB Cポートを各1個搭載し、USB Cポートは最大45WのPower Deliveryに対応。つまり、USB Cポート搭載のMacBook Proも充電できる容量20,100mAhのパワフルなモバイルバッテリーです。

 また、20,100mAhと大容量なだけに気になる当モバイルバッテリーへの充電ですが、こちらもUSB-Cポートから充電することにより、3.5時間で満充電が可能となっています。保証期間は18ヶ月ですが、ユーザー登録することで、さらに1年間保証期間が延長され、30ヶ月保証となります。

 高性能で大容量なぶん、価格は7,599円とお高めですが、今回は会計時にクーポンコード「RPB15903」を入力することで、20% OFFの6,079円で購入可能。

 MacBookとiPad Proをお使いの方には、最強のモバイルバッテリーですね。なおクーポンコードの有効期限は、4月7日まで。必要な方はお急ぎくださいませ。

 なお、RAVPowerというメーカーは、USBハブ機能を搭載した20,100mAhのUSB PD対応モバイルバッテリーRP-PB059も販売しています。なかなか技術力のあるメーカーと思っています。私も愛用していますが、USBハブ機能搭載のこちらのモバイルバッテリーもオススメです。

 

2019年2月15日 (金)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

 ベクター30周年記念「目玉商品」特価

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2019.2.17 (日)までVecto30周年記念「目玉商品」特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは5台3年版が 11,238円(ダウンロード版)で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Mojaveにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2019/2/17(日)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2019年2月 5日 (火)

NTTのホームゲートウェイ/ひかり電話ルータ 「RT-500MI」って、『SC-40NE「2」 無線LANカード』を挿すだけでWi-Fi対応しちゃうのね。

 自宅のインターネット環境は、NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」で、ひかり電話も利用しています。

 で、NTT西日本から貸与されている(レンタルしている)ホームゲートウェイ/ひかり電話ルータがRT-500MIなのですけど、こいつってSC-40NE「2」 無線LANカードを挿すだけでWi-Fi対応するのね。

 契約時に無線LANはどうされますか?、って聞かれたんだけど、大昔に購入したAirMac ExpressやらエレコムのWi-Fiルーターやらで、すでにWi-Fi環境は整っていたので、NTTのは断ってたのね、別途料金かかるみたいだったし。

 でも、NTT西のこちらのページを見ると、「フレッツ光をWi-Fiでつなげるのであれば、追加の通信料は発生しません。 ※無線LANカードや無線LANルーターなどの機器代金は必要です。」とあるわけ。

 ってことは、SC-40NE「2」 無線LANカードを購入すれば、自宅の無線LANのアクセスポイントをさらに増やせるってことですね。ということで、探してみたら、amazonで3,520円で売ってましたので、ポチッとな。

Img_6851

Img_6853

 ↑到着したのは、無線LANカード本体と取説。新品同様なきれいな状態でした。

 SC-40NE「2」 無線LANカードの形は、ユニボディになる前の古いアルミのMacBook Proユーザーには懐かしい「Express Card/34 (PCI Express)」。こいつをRT-500MIの上部に差し込むと、Wi-Fi対応になるわけです。

 SSIDと暗号化キーはRT-500MIの側面に印字されています。それがそのまま使えます。もちろん、WebブラウザからRT-500MIにアクセスし、任意のSSID、暗号化キーに変更することも可能です。

 RT-500MIの電源をオフにし、SC-40NE「2」 無線LANカードを装着。RT-500MIの電源を入れたら、普通に使えました。

 無線LANのアクセス先として

  1. rt500m-xxxxxx-1
  2. rt500m-xxxxxx-2
  3. rt500m-xxxxxx-3

の3つのSSIDが表れます。注意点が2つありまして、

  • 2.のSSIDはMACアドレス制限がかかっていますから、RT-500MIにログインして設定変更しないとつながりません。
  • もう1つの注意点は、1.と2.は2.4GHzのIEEE802.11b/g/n、3.は5GHzのIEEE802.11ac/n/a

という点。

 このあたりだけ気をつければ、特に問題なく使えるようでした。ちなみに、SC-40NE「2」 無線LANカードの3つめのSSID、つまり5GHzのIEEE802.11ac/n/aにiPhone SE(今となってはWi-Fi性能の最も低いiPhoneですが)を接続して、スピードテストしたらこんな感じ。

Sc40ne2

 今まで使っていたエレコムのWiFiルーター「WRC-F1900ACG」だとこんな感じ。

Wrcf1900acg

 「WRC-F1900ACG」は、ルーターとしてではなくアクセスポイントに設定して使っています。ダウンロードが遅い原因がどの辺りにあるかは?ですが、時間帯が時間帯なんで、参考数値ということで。

 さらに2008年製の「AirMac Express 802.11n (1st Generation)」につないだ結果はこちら。

Airmac_express

 というわけで、3,520円のSC-40NE「2」 無線LANカード。NTT西日本やNTT東日本からホームゲートウェイ/ひかり電話ルータをレンタルされていて、Wi-Fi契約はしてないなら、こいつを買えばWi-Fiも使えるようになりますよ。

 最後に、今朝の職場のスピードテスト。ルーターは「WRC-1167」で、同じiPhone SEです。

Wrcf1167acg

 テストした時間帯が違いますから、参考にもなりませんけどね。

2019年2月 3日 (日)

ドライブ中のハンズフリー通話が可能なFMトランスミッター「Anker Roav Transmitter F2」が素晴らしい!

 amazon タイムセール祭りも本日が最終日。

 今回、AnkerDirectのスマートフォンアクセサリもセール対象なのですが、私も便利に使っているおすすめ商品がありますのでご紹介。

 Anker Roav Transmitter F2です。お値段、2,249円。私が買ったときより、ぐぐっと安くなっています。

 私のようにAppleの「Car Play」に対応していない古いクルマにお乗りの方には、便利に使えると思いますよ。

  1. iPhoneやスマホとBluetooth 4.2でつながり
  2. 雑音の少ないFMトランスミッター機能で
  3. iPhoneやスマホの音楽をカーステレオで再生できる上、
  4. 運転中のハンズフリー通話も可能。
  5. さらにPower IQ搭載の充電用USB端子が2個付いた
  6. シガーソケットに差し込むだけで使える優れもの!

です。

Img_6796

Img_6798

Img_6800

 パッケージは、↑な感じです。

 Anker Roav Transmitter F2をシガーソケットに差し込み、カーステレオのFMを90.0Mhz(もちろん変更可能)に合わせ、iPhoneやスマホとBluetoothで接続すれば使えます。

 なお、一度Bluetooth接続すれば、あとはクルマのエンジンをかけると自動的にペアリングしてくれます。

Img_6837

 私のクルマは、センターコンソールの中にシガーソケットがあるので、↑な感じになります。iPhoneやiPadを充電できる2個のUSBポートは便利ですね。

 タッチ式のボタンは、「1曲送り」、「電話に出る」、「1曲戻り」ですね。

 これ1つでシガーソケットが埋まるのはまずい。シガーソケットから電源を取る機器をほかにも使っているという場合は、以前にご紹介したオウルテック 安心1年保証 2連シガーソケット分配器 USB2ポート搭載を併用されると良いかも。

 オウルテック 安心1年保証 2連シガーソケット分配器 USB2ポート搭載にも充電用USBポートが2個付いてますし、Anker Roav Transmitter F2と合わせると、充電用USBポートは合計4個!確保できます。

Img_6843

Img_6847

 オウルテック 安心1年保証 2連シガーソケット分配器 USB2ポート搭載と併用すると、↑のような状態になります。

 App Storeから、iOS AppのRoav Chargerをダウンロードすることで、FMの周波数を変更したり、ガイド音声を男声から女声に変えたり、エンジン始動で自動的に曲を再生したり、といった設定を変更することが可能です。

Img_6857

Img_6858

Img_6859

Img_6860

 さらにiOSアプリのRoav Chargerを使うことで、クルマのバッテリー電圧を確認したり、さらには駐車位置を覚えさせることもできます。

 広いPAとか、アウトレットモールのだだっ広い駐車場にクルマを駐めて、どこに駐めたのかわからなくなった経験のある人には役に立つ機能かも。

 実際にiPhoneの曲を再生させてみた感じですが、FMトランスミッターをしての性能は、かなり優秀だと思います。雑音もなく、比較的きれいに音楽を再生してくれます。

 カスタマーレビューで他のFM局が受信できなくなると書いている人もいますが、私の環境では、大丈夫でした。

 また、iPhone SEでBluetoothがつながらないと書いている人もいますが、私もiPhone SEですが問題なし。

 このあたりは、製品にばらつきがあるのか、カーステレオの問題か、iPhone側の問題か、なかなか切り分けしにくいところですが、購入予定の方は、念のために「カスタマーレビュー」はご覧になっておいた方が良いかと。

 私は問題なく使ってますけど、すべてのクルマで問題なく使えるかどうかは?なので。

 ハンズフリー通話、あるいはiPhoneの曲をカーステで聴きたい等の要望があるなら、Anker Roav Transmitter F2は、なかなかよくできています。

2019年2月 2日 (土)

ドライブレコーダーや監視カメラ向け超高耐久 microSD「Samsung ドライブレコーダー向け microSDカード32GB MB-MJ32GA/EC」がお買い得!

 昨日から始まりましたamazon タイムセール祭り

 いろいろなモノがお買い得になっていますが、本日のおすすめ商品の一つはこちら。

 ドライブレコーダーや防犯カメラ等、耐久性が要求される機器での使用に最適なSamsung ドライブレコーダー向け microSDカード32GB MB-MJ32GA/ECです。お値段、2,180円

 2,180円という価格をみて、高い!と思われた方が多いと思います。だって、普通の32GB microSDカード(しかも10年保証)MB-MC32GA/ECO」なら、830円ですし。

 最近のUSBメモリや、SDカード、microSDカードに採用されるNANDは、廉価なTLC NAND(今後はさらに耐久性の低いQLC NANDがメインになるでしょう)。

 TLC NANDはモノによっては、数百回の書き込みで寿命を迎えることもあります。そうなると肝心な事故の瞬間が記録されていないとか、32GB容量があると思って使い続けていたのに、気づいたら実際に書き込める領域は100MBほどで、すぐに上書きされていく状態だったとか、いざというときに役に立たない状態になる(参考記事)わけです。

 ドライブレコーダー等では、ドライブ中、常時映像をmicroSDカードに記録し、書き込みできるエリアがなくなった場合、古いデータを消去してどんどん上書きしていきます。

 一般的な使い方に比べ、ゴリゴリ書き込んでいるわけですから、その耐久性は重要です。

 Samsung ドライブレコーダー向け microSDカード32GB MB-MJ32GA/ECは、26Mbpsで録画されたフルHD (1920x1080) ビデオコンテンツで17,520時間の耐久性を誇るmicroSDカード。

 ドライブレコーダーや監視カメラの記録用メディアとして、最適です。

 他メーカー製品ですと、

  1. Transcend 高耐久 microSDHCカード MLCフラッシュ搭載 (ドライブレコーダー向けメモリ)32GB Class10 TS32GUSDHC10V耐久時間:6,000時間)・・・2,800円
  2. サンディスク SDSQQND-032G-JN3ID 高耐久 microSDHCカード 32GB耐久時間:5,000時間)・・・5,754円

といったモデルになるわけですが、価格でも耐久性能でもSamsung ドライブレコーダー向け microSDカード32GB MB-MJ32GA/ECの圧勝です。

 amazon タイムセール祭りが終われば、通常価格の3千円程度に戻ると思いますので、ドライブレコーダーや監視カメラ用に、信頼できるメディアをお探しであれば、この機会に是非!

 もちろん私もポチッとな。

 肝心なときに録画できていないのでは、ドラレコを付けてる意味がないですよ。ドラレコには、ドラレコ用のSDカードを使いましょう。そして、定期的に交換しましょう。

2019年2月 1日 (金)

『50%OFF以上』ビジネス・実用書フェア!

 amazonが、『50%OFF以上』ビジネス・実用書フェア!を開催しています。残念ながら、紙の本ではなく、電子書籍のKindle版だけのセールですが。

 もっとも、単行本サイズの実用書を何冊も鞄に入れておいて通勤電車の中で読むなんてことは難しいですが、Kindle本なら何冊でのiPadの中に入れておけるので、隙間時間に読むには最適です。

 もちろん、高価なiPadじゃなく、安価なFireタブレットでいいのですけども。どんな端末で読むかは置いておいて、半額以下で読めるのはありがたいですね。

 また同時開催で、【全品50%OFF】高額本お買い得セールも勃発中。

 2-3,000円もする本となると、ちょっとポチるにも勇気がいるわけですが、半額ですよ、半額!

 いずれのセールも期間限定ですので、欲しいKindle本を見つけた方はお早めにどうぞ。

2018年11月24日 (土)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

 第30回Vectorプロレジ大賞「グランプリ」受賞記念セール!

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2018.11.25 (日)までVectorプロレジ大賞「グランプリ」受賞記念特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは 14,267円(ダウンロード版)で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Mojaveにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2018/1/25(日)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2018年11月16日 (金)

ESET ファミリーセキュリティ 5台3年版が特別価格4,980円!

 amazonが、2018年11月16日(金)9時00分から2018年11月18日(日)23時59分の期間、ESET ファミリーセキュリティ 5台3年版を特別価格 4,980円で販売しています。

Dsandqbucaadnmfjpglarge

 BCNセキュリティソフト総合調査で、4年連続総合満足度1位。

 うちの職場とうちのお客さんのところも、ESETなのですが、ごくたま〜に(Windows Update時とか)、限られた環境で障害が発生することもあるようですが、幸いなことに職場では、またそれらのトラブルに出くわしていません。

 動作も軽めですし、私なんか「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」といったひ弱なMacに、VMware FusionでWindows10 Proという環境ですが、事務仕事程度なら大丈夫です。

 現行モデルの「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2017)」なら、16GBメモリも可能なので、仮想環境でもさらに快適なんでしょうね。

 思えば、ESET以前のNOD32から使っています。当時、なぜ「NOD32」を選定したかというと、標準でWindows Server機に対応しているウイルス対策アプリが、「NOD32」くらいしかなかったんですね。

 ノートンやらウイルスバスターやらも、Windows Server版が別途用意されているのですが、びっくりするくらい高いわけですよ。ところが、「NOD32」はWindows XP用のパッケージが、そのままWindows Server機にも対応しているというお買い得なパッケージだったわけです。

 残念ながら、現行ESETは、Windows Server版は別パッケージで高価になってしまいましたが。

 NOD32の頃から動作は軽かったのですけど、この素性の良さは現在のESETにも継承されています。

 もっとも職場でも自宅でも、MacにはVirus Scanner Plus - Bitdefender SRLを入れています。こちらはMac App Store版アプリらしく、自分の複数台のMacにインストールできますし、毎年毎年更新料を払う必要もないですし、超おすすめです。

 ウイルスやマルウェアの検出能力には定評がありますし、Safari、Chrome、Firefoxといった主要ブラウザに対応した「Webプロテクション」機能も含まれていますので、フィッシング詐欺対策にも有効。

 今回ご紹介しているESET ファミリーセキュリティ 5台3年版は、Macにも対応していますから、Macだけ別にアプリを買う必要はありませんよ。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ